最近のゴルフの話題

リストコックは上達へのもう一つの鍵

投稿日:


 

 

コックした手首が、正しいタイミングでアンコック 、そして リストターンしリリースされて始めて 効率の良い動きをみせます。

しかし、手首のコックとかリストターンといった動きは 、多くの人が考えている以上に複雑なものです。

 

ただ面白い原則があります、アンコックは 腕が上から下に「加速」しながら落ちている間は 始まらないということです。

それは 手の動きが「減速」し始めると同時に、クラブに遠心力が作用して 好むと好まざるとに拘らず コックが解け、 それによってクラブヘッドがリリースされる仕組みがることです。

言い換えると、ダウンスイングで手首を使うと、コックがほどけてしまう可能性があるということです。

つまり、クラブヘッドを望ましいタイミングでリリースさせたければ 、手首ではなく 体の回転と腕の振りをコントロールする必要があるというわけです。

 

簡単ではないが、ゴルフがうまくなってくると手首を使いたくなるものらしい。

バックスイングで フェースを開いて、 手首を上に曲げる動きは テニスでスライス系のボールを打つ時の動作に通じるものがある。

 

 

つまり、その動きがラケットを上から下に落としてボールにバックスピンをかける打ち方の準備動作に似ているということだが、

一方、テニスでトップスピンのボールを打つ時は 、それと真逆のことをすることになる。

 

 

左手首を下に折るようにし、フェース面を幾分シャットにしてから それを上に擦り上げるように動かします。

もちろん、フラットにボールを打つ方法もあり、 手首の上下の動きやフェースの開閉をミニマムすれば そうしたショットも打てる。

ゴルフでは テニスのようにトップスピンのボールを打つニーズはないが 、ある意味 手首の使い方という観点からは テニスのように 三通りの打ち方ができる。

 

 

つまり、手首の動きは スライス、フラット、トップスピン系のボールの打ち方のように使えるのである。

ただし、ゴルフは 地面の上にあるボールを打つ必要があるので クラブヘッドを必ず上から下に動かさなければならないから 腕は 上から下に落とすことになる。

また、ゴルフクラブは テニスラケットと違いロフトがあるので 、然程 強く上から下にフェース面を動かさなくとも バックスピンはかかる。

ゴルフショットで どのように手首を動かすのが合理的かと言うことを 、このテニスの打ち方を参考に考えてみると、

ゴルフのバックスイングで 、クラブフェースを開くようにして手首を上に曲げる動きをすれば 、テニスのスライスの打ち方に近くなるが その場合は 当然 カットの量が大きくなるからスライスとなります。

また、右の手のひらを上に向ける動作は 、その過程で 右肩が下がるのが普通で、 右肩が下がれば 背骨は 右に傾き 体の回転と腕の動きの関係は 安定性を欠くものになり易い。

つまり、クラブヘッドが落ちる、インパクトでは高い精度でコントロールできなくなる可能性が高いから 、ダフったりトップするなど 芯でボールを捉える精度が落ちます

 

加えて、ボールを打つ動作は テニスのスライスボールを打つような形になるから 、ボールを捕まえると言う観点からは、滑りやすくなるのでつかまりにくいということになります。

今度は、クラブフェースを幾分シャットにして、 フェースが開かないようにバックスイングをすれば 、ショルダーターンで 右肩が落ちることはないし 、

ボールを打つ動作は テニスのフラット もしくは トップスピンを打つような形になるから、 ボールを捕まえると言う観点からは 力強いものにし易い。

つまり、スイングの精度を上げるにしても 、力強いボールを打つにしても 手首は テニスのスライスを打つような形で動かさない方が有利なのである。

ここからが本番、ダウンスイングで右肘を脇腹に引き寄せるようにして、 腕を落とします、

その手首の形には3つの型があります。

 

「Flat wrist」は、手首が真っすぐに伸びた理想的な形です。フェイスがスイングプレーンに対して”スクエア”になります。

「Bowed wrist」は、手首が手のひら側に折れた形です。

この形をしている有名な選手は「ダスティン・ジョンソン」です。

フェイスはスイングプレーンに対して”クローズ”になります。

「Cupped wrist」は、手首が手の甲側に折れた形です。

 

 

 

フェイスがスイングプレーンに対して”オープン”になります。

ドロー、フェードを打ち分ける時にフェイス面のコントロールをするのはリスト(手首)の仕事です。

今どきのゴルフでは、 bowed wrist の形になるのが好ましい訳だが、

右の手首は 逆に cupped wrist になれば 、それが 所謂 タメで それがここからリリースされれば クラブは好ましいタイミングでリリースされ ヘッドスピードは一気に上がることになる。

また、この形ができれば クラブフェースはスイングを通じて比較的スクウェアになっているので クラブフェースの開閉のタイミングを意識する必要はなく 、ゆっくり水平に振れれば コック・アンコックのタイミングは まったく意識しなくとも リストターンのタイミングが望ましいものになる可能性は 高くなります。

-最近のゴルフの話題

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

軸回転するのはこれだったんですね

    体重移動を 少なくして、ボールを打つ動作をするのは 極めて不自然と感じる人が数多くいます。 ツアープロのような 理想に近いスイングをする人達の場合、 軸回転を中心において、 …

80、90、100を切るこんな方法はどうですか?

  パーオンでスコアは決まる 1ラウンドで3回パーオンすれば、スコア100を切ることができます、いつも行っているゴルフ場のホールを思い浮かべてみてください。 得意なショートホールやパーファイ …

上手い人の考え方と戦略

      他のスポーツは体力のある若い人が圧倒的に有利です。実際にゴルフでもそうですが、シニアが勝ったり、上位に来れるのもゴルフの特徴です。 70歳の人が20歳の人にグ …

そろそろよくあるミスとはお別れをしたい

    よくあるミスは、トップ、ダフリ、スライス、フック、プル、プッシュ、シャンクの7つです。 そのほとんどは、勘違いか見た目の錯覚でおきます、保険をかけておけば、大体防げます。 …

ダウンブローのボール位置をターゲット寄りにする理由

    かつて、アニカソレンスタムが59を出した時、ダウンブローについて、こう言っていました。   アベレージゴルファーはティーアップされていないと、ボールを空中に上げよ …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス