未分類

レイトヒットを確認する方法

投稿日:


 

 

レイトヒットはゴルフで最も難しい部分で、それだけ練習が必要ということになります、一言でいえば、両手を落とすことになるんですが、要領はダウンスウィングで右腕の内側に引き付けて、ポケットをこするイメージです。

肘を引きつけておくには、トップでひじが地面を指していることです、そうすれば、正しいスウィングプレーンを保持し、トップから打ちにいくことを防止することができます。

ダウンスイングで手首のコックを早くほどいてしまうと、インパクトを迎える前にヘッドの加速が終了してしまい、インパクト付近でヘッドが走ってくれません。

 

また、ダフリやトップの原因にもなってしまいます。

最適な手首の開放タイミングを覚える必要があります

それには、コックをほどいていないかを確認することが大事です

 

クロスハンドでアイアンを打ちます、。通常のグリップとは逆に、右打ちの方であれば、右手が上(グリップエンド側)、左手が下(クラブヘッド側)でグリップし、球を打ってみます。

このグリップでは、手首のリリースが早いと、トップしてしまい上手くミートできません。

コックをほどくタイミングがありますので、体に覚えこませるようにします。

 

そして通常のミドルアイアンで練習します。

体重を左へ移動させたとき、両肩がもどるのを許してはいけない。

下半身と静止した上半身の分離を感じる

これは現実的には、非常に些細な動きだが、絶対に必要な動きなのです。

 

腰とともに戻ってしまう、誘惑に抗することが大事です。

両肩を静止させる感じをつかむことから始める、ここでの目標はこの新しい動きが以前のものと違うことを認識することだ

ダウンスイングの開始で両腕とクラブがインサイドに落ちることに気づくなど、上半身、下半身の分離によって生み出された、ムチのような感覚も理解し始めるに違いない。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

いつもダウンブローを確実に行うにはどうすればいいか

    理想は、ドライバーではアッパブロー、アイアンではダウンブローです   ダウンブローのインパクトへの準備は、腕が腰の高さになった時点で、手元やクラブヘッドは低い位置 …

ドライバーをゆっくり上げるのは、もうそろそろやめたほうがいい

少しゴルフがわかってくると、ボールを飛ばすのは腕力ではなくシャフトのしなりだということを理解するようになります。 軽く振ったのに飛んでいるとか、腕に力が入りすぎてスイングスピードが落ちたとかを感じるよ …

最近飛ばなくなったとお嘆きの貴兄に…

    ゴルフ場に行って、しばらく会わなかった友達が言うセリフは、決まって最近飛ばなくなってね、である。   年齢とともに体が硬くなってきいているので、まるでアプローチの …

上級者向け インパクトを長くとることのメリット

    やや高度なテクニックになるが、インパクトゾーンで左手の甲の角度はそのままに、前腕を少し回旋させ、シャフトもちょっとターンさせてロフトを殺すようにフェイスを低く押し出すという …

【ゴルフの裏技】右サイドが活躍する時

  右サイドで火を吹け 一般にはスライス防止のためか、左サイド主導で打てと言われますが 方向性のためにも飛距離のためにも右サイドで、ドカーンと攻撃することの重要性を痛感させられます。 &nb …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス