未分類

レイトヒットを確認する方法

投稿日:


 

 

レイトヒットはゴルフで最も難しい部分で、それだけ練習が必要ということになります、一言でいえば、両手を落とすことになるんですが、要領はダウンスウィングで右腕の内側に引き付けて、ポケットをこするイメージです。

肘を引きつけておくには、トップでひじが地面を指していることです、そうすれば、正しいスウィングプレーンを保持し、トップから打ちにいくことを防止することができます。

ダウンスイングで手首のコックを早くほどいてしまうと、インパクトを迎える前にヘッドの加速が終了してしまい、インパクト付近でヘッドが走ってくれません。

 

また、ダフリやトップの原因にもなってしまいます。

最適な手首の開放タイミングを覚える必要があります

それには、コックをほどいていないかを確認することが大事です

 

クロスハンドでアイアンを打ちます、。通常のグリップとは逆に、右打ちの方であれば、右手が上(グリップエンド側)、左手が下(クラブヘッド側)でグリップし、球を打ってみます。

このグリップでは、手首のリリースが早いと、トップしてしまい上手くミートできません。

コックをほどくタイミングがありますので、体に覚えこませるようにします。

 

そして通常のミドルアイアンで練習します。

体重を左へ移動させたとき、両肩がもどるのを許してはいけない。

下半身と静止した上半身の分離を感じる

これは現実的には、非常に些細な動きだが、絶対に必要な動きなのです。

 

腰とともに戻ってしまう、誘惑に抗することが大事です。

両肩を静止させる感じをつかむことから始める、ここでの目標はこの新しい動きが以前のものと違うことを認識することだ

ダウンスイングの開始で両腕とクラブがインサイドに落ちることに気づくなど、上半身、下半身の分離によって生み出された、ムチのような感覚も理解し始めるに違いない。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ゴルフの裏ワザ】 絶体に体が開かない方法

クラブもそうなんですが、ボールがつかまらず、飛ばないのは「体の開き」も原因の一つです 思い当たるふしとしては、インストラクターから左足1本で立てとよく言われていました、体の回転をよくするためですよね …

シングル達に速く上達するコツを聞いてみた

速く上達するコツを聞いてみた 会社に勤めながらシングルゴルファーになった人たちに、上達したコツを聞いてみました。 毎週練習に行ったり、毎日のクラブのすぶりやパターマットでの練習は、ほとんどの人がやって …

上級者向け インパクトを長くとることのメリット

    やや高度なテクニックになるが、インパクトゾーンで左手の甲の角度はそのままに、前腕を少し回旋させ、シャフトもちょっとターンさせてロフトを殺すようにフェイスを低く押し出すという …

プロのスイングでは、 バックスイングの軌道とダウンスイングの軌道が異なるのはなぜか

    ガルシアのスイングを、分解写真で見るとバックスイングで上げた軌道とダウンスイングで降りてくる軌道は、異なります。   スイングプレーンを見ると、ダウンスイングの方 …

クラブをゆっくり振れますか?

  テレビでゴルフ中継を見ていると、300ヤード飛ばすプロ達が,アプローチになるとゆっくりと振っています、まるでスローモーションを見るように。 アプローチではゆっくりしたスイングで、柔らかく …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス