未分類

ワンパットの確度を上げたいなら、アプローチはSWよりもPWを選ぶ

投稿日:


 

 

ゴルフはクラブで変わることを十分経験してきたはずだ。

その証拠に、ドライバーは何度も変えてきている。

 

 

ウエッジについても同様です、プロが寄せをSW1本ですべてやっているからとか、
距離がないときはSWを使いたいとの理由でアプローチをSWで寄せたtくなりますが、SWは難しいクラブです、PWの方がやさしい。

 

 

ピンまで25ヤードサンドウエッジで寄せたくなる距離です

ピンそばで停止させたいのに、ピン手前にとまるのがほとんどです

ピッチングウエッジの方が寄せやすい理由はスピン量のばらつきです

シングルのスピン量の変化をしらべてみますと、サンドウェッジは1500から5000回転、ピッチングエッジ 2000から3500回転

SW で距離が合いにくいのはスピン量がばらつくからです

 

PWはその点転がしが前提なので、スピン量が安定しばらつきが少ないことになります

46度のピッチングウェッジは58度のサンドウェッジに比べたら、エッジが出ていないからフェイスの下にあたってミスヒットが少なくなります。

ピッチングウェッジの場合はバンスで打つように設計されているので、バンスが大きくエッジも丸いからより安定します。

寄せのSWで、ミスが一番多いのがエッジが突き刺さるミスです

構えるとき、エッジを地面につけて構えるとエッジを意識しますから
バンスを使えずざっくりとしてしまいます

PWのシャフトをハンドファーストにせずまっすぐにしてバンスを意識します、

バンスが地面についているから、割と簡単にボールの下半球にエッジを入れることができます。

 

つまりバンスが使えるわけです、手首をロックしてパターと同じように打てば、ミスは激減します。

短い距離が打ちにくいなら、トウ寄りで打てば、スピン量も減り飛ばなくなりますので距離調節ができます。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ゴルフの裏技】右サイドが活躍する時

  右サイドで火を吹け 一般にはスライス防止のためか、左サイド主導で打てと言われますが 方向性のためにも飛距離のためにも右サイドで、ドカーンと攻撃することの重要性を痛感させられます。 &nb …

この場面では絶対に使いたいライン出し

      ピンまでの距離が短く、ショット地点のライも良いとなれば、誰もがピンに近づけたいと思うシチュエーションです。 ここで左へのヒッカケなんかが出ると、ガッカリです。 …

【ゴルフクラブ】すぐできる!ピンそばに、ピタッと停まるアプローチ

  中上級者ならできる、スピンをかけてピンそばに止めるショットでは まず、自分が得意としている最適クラブを選ぶことです セットクラブのSWならバンスが大きいので難しくなります 一番アマで多く …

【ゴルフの裏ワザ】腰が回らないとお嘆きの貴兄に

ゴルフでは、腰をキレだとか、腰を回せなどよく言われますが、腰自体はなかなか思うようには動かないもの 案外と、全身の力を上手く使えるようになるにはお尻の使い方にコツがあります。 「ボディターン」ではなく …

手打ち防止の練習法と技

      下半身を軸にして、コマのようにターンして打ちたいが、 体のターンと腕が同調していないのが、手打ちです。 なおす方法は簡単ですが、一筋縄ではいきません &nbs …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス