ショットメーカーの技

上体が突っ込むのは、これが原因だったのか……。

投稿日:2020年2月16日 更新日:


支点がボールの近くになればなるほど、スイングアークは短くなるので飛ばなくなります。

スイングの支点を体の後ろに持っていけば大きなスイングアークが描けます。

支点が腕のあたりにある人は腕の力で振っているということです。

腕に頼っているうちは、腕とクラブがばらばらに動くので真っ直ぐ飛びませんし、クラブヘッドの軌道も安定しません。

ゴルファーは、どうしても目に見える体の前で振ろうとしてしまいますが、体の後ろにある視点で回転できるようになって初めて、その場の回転で振れるようになります。

 

体の後ろを意識することです、左肩の後ろを支点にしてここを中心にその場で回転しながらふっていきます、

上体が突っ込んで右肩が前に出てクラブ上から叩きつけるようになっていませんか。

トップから打ちに行ってしまうと、左肩が目標に突っ込む悪い癖が出始めます。

コスリ球になって飛距離が出ないうえ方向性も悪くなります。

左肩を支点にして振ると上体の突っ込みがなくなります。

軌道が安定して、正確にインパクトできるようになります。

肩の後ろにある回転軸の支点を意識すれば、その場で回転できて、アッパーブローに打って行けます。

-ショットメーカーの技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ゴルフの裏技】絶体ダフらない方法はこれしかない <うまいダウンブローには訳がある>

<うまいダウンブローには訳がある>           ダウンブローでは、スイングだけでなくグリップやコックをうまく使えば、ミスなくできるようになりま …

ドライバーがまっすぐ飛ぶ方法を手に入れられます ① 王道は、ハーフスイング

ティーショットでドライバーをまっすぐ飛ばす ティーショットでドライバーがまっすぐ飛べば気持ちの良いものです 距離が出ていなくてもスコアは必ず良くなります。     ドライバーは距離 …

バックスイングで肩を十分まわせないのは勘違いです

体重移動をフル活用し、飛ばしていたのは過去の話。今は回転でボールをとらえ、飛ばすのが主流になっています。 腕を振り 手をほぼ肩の高さまで振り上げて振り下ろす。     それだけで、 …

シャンクの名医を見つけた

シャンクインストラクター シャンクは忌み嫌われる病のようです、これだけゴルフクラブが進化を遂げても、シャンクしないクラブは登場しません。 昔も今も、シャンクがなくなることはないのです。 そこで、絶対的 …

いいトップはシンプルなバックスイングの結果です

      バックスイングのイメージは、腕や手を使わないというイメージです。 バックスイングでは、股関節や腰、上半身の捻りを使うことで、意図的に腕を動かしてやるイメージで …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス