ショットメーカーの技

上体が突っ込むのは、これが原因だったのか……。

投稿日:2020年2月16日 更新日:


支点がボールの近くになればなるほど、スイングアークは短くなるので飛ばなくなります。

スイングの支点を体の後ろに持っていけば大きなスイングアークが描けます。

支点が腕のあたりにある人は腕の力で振っているということです。

腕に頼っているうちは、腕とクラブがばらばらに動くので真っ直ぐ飛びませんし、クラブヘッドの軌道も安定しません。

ゴルファーは、どうしても目に見える体の前で振ろうとしてしまいますが、体の後ろにある視点で回転できるようになって初めて、その場の回転で振れるようになります。

 

体の後ろを意識することです、左肩の後ろを支点にしてここを中心にその場で回転しながらふっていきます、

上体が突っ込んで右肩が前に出てクラブ上から叩きつけるようになっていませんか。

トップから打ちに行ってしまうと、左肩が目標に突っ込む悪い癖が出始めます。

コスリ球になって飛距離が出ないうえ方向性も悪くなります。

左肩を支点にして振ると上体の突っ込みがなくなります。

軌道が安定して、正確にインパクトできるようになります。

肩の後ろにある回転軸の支点を意識すれば、その場で回転できて、アッパーブローに打って行けます。

-ショットメーカーの技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ゴルフの裏ワザ】疲れた時のミスショットにはわけがある

  ミスショットするのにはわけがある ラウンド後半はいつも疲れて、動かない下半身 曲がるのは当たり前なんですね ラウンドの後半に入ると、ティーショットが乱れてくるゴルファーが多いと思います。 …

真っすぐ飛ばそうとして、クラブフェースを真っすぐに出すのは勘違いです

テークバックで内旋した左腕を、ダウンスイングで外旋させアドレスの状態に戻すのが理想的です。   アプローチでしっかりと、左腕をまわして、元に戻すことが出来ればドライバーをはじめあらゆるショッ …

【ゴルフの裏ワザ】タメがキッチリ出来たらもっと飛ぶ

          ダウンスイング時は、しっかりとインパクトするためにクラブヘッドに意識が行きがちですが、グリップエンドの向き次第で、ヘッドの入射角度 …

絶体にタメがほどけないようにします

手が通るスペースがなくなって、手が上に浮いてタメが消えてしまうシーンよく見かけます。 手が浮くというのは、手だけがおなかのあたりまで上がって来て、手だけで打っています。   そして腕が伸びて …

こうすればコックはほどけません

  コックをほどくなとよく言われますが、ほどくつもりはないのにインパクトではほどけているというのが普通ではないでしょうか 1、目標方向に向かってクラブを振り抜く意識が強いとほどけやすい、ダウ …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス