ショットメーカーの技

上体が突っ込むのは、これが原因だったのか……。

投稿日:2020年2月16日 更新日:


支点がボールの近くになればなるほど、スイングアークは短くなるので飛ばなくなります。

スイングの支点を体の後ろに持っていけば大きなスイングアークが描けます。

支点が腕のあたりにある人は腕の力で振っているということです。

腕に頼っているうちは、腕とクラブがばらばらに動くので真っ直ぐ飛びませんし、クラブヘッドの軌道も安定しません。

ゴルファーは、どうしても目に見える体の前で振ろうとしてしまいますが、体の後ろにある視点で回転できるようになって初めて、その場の回転で振れるようになります。

 

体の後ろを意識することです、左肩の後ろを支点にしてここを中心にその場で回転しながらふっていきます、

上体が突っ込んで右肩が前に出てクラブ上から叩きつけるようになっていませんか。

トップから打ちに行ってしまうと、左肩が目標に突っ込む悪い癖が出始めます。

コスリ球になって飛距離が出ないうえ方向性も悪くなります。

左肩を支点にして振ると上体の突っ込みがなくなります。

軌道が安定して、正確にインパクトできるようになります。

肩の後ろにある回転軸の支点を意識すれば、その場で回転できて、アッパーブローに打って行けます。

-ショットメーカーの技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

タイミングを重視される方へはフォワードプレスをお勧めします

バックスイングを始めるときできるだけ手でクラブを上げるのではなく体感で上げていきたい、どうしてか それは手で操作して、苦い経験をしているからだ。 フォワードプレスはほとんどのプロが行っています アドレ …

米国のゴルフアカデミーが、アドレスをプロとアマで比較していました。

米国のゴルフアカデミーが、プロとアマのアドレスを比較していました。 調査した結果、アマのショットが安定しないのはショットごとにセットアップが変わってしまうせいもあるが、多くの場合セットアップそのものが …

【ゴルフの裏ワザ】ゆっくり振れますか

    上達に行き詰まっている人に、オススメなのはゆっくり振るという練習です。 スイングをゆっくり振るのは意外に難しいものです、全力で速いスピードで振るよりもゆっくり振るほうが難し …

腰を切れば絶対に飛ぶ

腰を切れば、飛距離が格段にアップするのは分かっているが、速く簡単には回ってくれないのが腰です。 ゴルフの“腰を切る”とは… イメージは腰のセンターを中心にして左腰が背後に回転し、右側が前方に回転する動 …

バンスを滑らせるにはコツがあった

    ウエッジでアプローチをするとき、芝の上にボールが載っていて、少し浮いている状態なら安心して打てますが、刈り込まれて極端に短い芝やベアグラウンドに近い、ライの悪いときなどは慎 …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス