寄せワンアプローチ

上手い人はひじでクラブが上がることを知っている

投稿日:


 

 

アプローチで失敗している原因の一つに、腕が邪魔している場合があります。

「腕が邪魔しているって、腕を使わなければ打てないじゃないか」

グリーン周りのラフからの、5ヤードの普通の寄せです

 

 

状況にはもちろんよりますが、上げたり転がしたり自分の好きな方法で寄せていきます、

上げる場合は、金魚すくいのようにウエッジのフェース面を空に向けるようにして、持ち上げて落とす感じです。

一方、転がしは低くクラブを出して距離感を出す打ち方です。

いずれの場合も、柔らかい腕の使い方がいいようです。

 

上手いひとは、ひじを曲げればクラブが上がることを知っているんです、

頭で理解しているというより体が動いてしまっているといった方がいいでしょう。

 

クラブを上げ下ろしするのは、もちろん手首ですることも多いのですが、

ひじをただを動かしているだけでヘッドが上げ下ろしができるっていう事
があります。

 

ひじの上げ下ろしが、自然にヘッドの上げ下ろしになってるって事に気がつきます。

 

ヒジを緩めて、腕の五角形で打てば柔らかく、ゆっくり打てます。

インパクト時、五角形の腕の形を作っておくということです、左ひじと右ひじの間には棒があり形が崩れないようにする。

 

両手を伸ばした三角形もありますが、ひじの角度をつけながら、動かしてインパクトしますから、かなり練習ができる人でないとミスが出ます。

 

要領は、左手で雑誌などを持ち、その面をターゲット方向に出すように動かします

 

この形は、そうです パターと同じなんです。

 

右寄りの位置のボールでも、左寄りでも、両肘の間隔を維持できれば、柔らかくソフトに打つことが出ます。

この短いアプローチが打てない人は、腕をロックする人が多いんです。

 

左肘を、真っすぐに伸ばしたり、もしくは両肘を締め付けてる人、これは腕が自由に動きません。

 

バックスイングが上がっても、ダウンスイングが降りにくいんです。

そこで、腕が動きにくいから手首を使ってしまいます。

手首を使ってしまったら、もうこれは手打ちです。

 

小さく細かい動きは、手とひじを使ってやることなんです、テニスではなくて、卓球というイメージです。

そんなに力が要らないショットですから、ひじと手でストロークできればいいわけです

そうすると腕がだんだん、動くようになります
SWで5ヤードのロブショットが打てれば完成です

-寄せワンアプローチ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アプローチが苦手な人は、ハンドファーストをやめればよい

アプローチが苦手な人は、大概ハンドファーストで構えています。 その理由は、アイアンショットをおぼえる時、ハンドファーストをいやというほど、言われていますから、アイアンを持てばハンドファーストに構えてし …

ウエッジはソールで変わるんです

  プロ達は、ウエッジをいろいろ削ったりしているそうですアマもお助けクラブ的に利用できるなら、やってみたい気はします。操作性を求めるなら多面ソールですプロが好んで使うウェッジの多くは、ソール …

ラフからのアプローチ それって、うっかりミスです

    上級者より、アベレージゴルファーの方が上手い人がいます それは、グリーン周りのアプローチで深いラフの場合です   グリーン周りに限らず、ラフというのは沈んでいるよ …

ミドルアイアンはザックリしないのに、SWでざっくりするのはなぜ

      三つの理由があります、ダウンブロー、フェースローテーションとクラブ選びですヘッドの重みを感じながらゆっくり振れとはよく聞くことですが、アプローチでプロのマネを …

ウエッジの魔術 USGA人気インストラクターのウェッジコントロール

多くのゴルファーが両手を使いすぎる、グリップは硬いし空中にあげようと必死になります。 両手はクラブより先行するが小手先で何かしようとせず、クラブヘッドの働きを信じるべきである。 クラブは軽く握る クラ …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス