未分類

上級者向け インパクトを長くとることのメリット

投稿日:


 

 

やや高度なテクニックになるが、インパクトゾーンで左手の甲の角度はそのままに、前腕を少し回旋させ、シャフトもちょっとターンさせてロフトを殺すようにフェイスを低く押し出すという技である。

 

 


当てて終わりのスイングではなく、右腕でストレートパンチを繰り出すように伸ばすことなのです。これは右腕が内旋運動をしている動きです。

右手の拳を内側からひねりながら伸ばすわけで、シュートを放るといってもいい

イメージ的にもさらに低くボールを出す感じになる、腕とクラブの両方が落ちてくるときは、手がクラブをリードしフェイスもロフトが少し殺されるような形になる。

 

腕の動きが止まってクラブヘッドだけが動くような状態になるとフェイ
スはその時点から上を向いていくことになる、

腕の回旋、プロネーションとスーピネーションとを使って効率よく飛ばします。

バックスイング時に、左手の甲が上を向くように腕を回転させるこの動きをプロネーションといいます、ダステインジョンソンや松山英樹の左手の甲はバックスイングのトップで上を向いています。

 

左手の甲が天を向いていますから、かなり極端なクローズとなっています。

それをフォワードスイングで戻してきてインパクトでは、左手の甲がターゲットをさすようにし、さらにそこからフィニッシュにかけてその甲を下
に向けて回転させています、この動きがスーピネーションです。

 

このような回旋をすることによってクラブヘッドを効率良く走らせることができます

インパクトゾーンは何倍にも長くなり、インパクトゾーンが点ではなく面で、とらえられるのは非常に安心感と安定をもたらす

うまくコツを掴めばボールを芯でしっかりとらえる確率は圧倒的に高くなります

間違えたやり方をすると逆効果になりかねないテクニックなので、うまくできないと感じた人は辞めたほうがいいかもしれないが、研究してみる価値は十分にある。

右手首のくの字をキープし同時に、前腕をスーピネイトさせてロフトを殺すようにフェイスを低く、押し出すテクニックはすべてのショットに応用可能なコンセプトです。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

プロのスイングでは、 バックスイングの軌道とダウンスイングの軌道が異なるのはなぜか

    ガルシアのスイングを、分解写真で見るとバックスイングで上げた軌道とダウンスイングで降りてくる軌道は、異なります。   スイングプレーンを見ると、ダウンスイングの方 …

【ゴルフの裏ワザ】カップを絶対に見に行かない方法

      パターのストロークを安定させるには上半身が動き過ぎないこと ですよね 他の人から、体が動いているよとか、カップを見に行ってますよとか言われたことはありませんか …

クラブをゆっくり振れますか?

  テレビでゴルフ中継を見ていると、300ヤード飛ばすプロ達が,アプローチになるとゆっくりと振っています、まるでスローモーションを見るように。 アプローチではゆっくりしたスイングで、柔らかく …

左足上がりのアプローチ 柔らかく高く上げて寄せたい

    アプローチで、ピンまで30ヤード、少し上りになっていて左足上がりという状況です。     ここで、打ちたい球筋としては、少し柔らかくて高い球を打っていく …

シングル達に速く上達するコツを聞いてみた

速く上達するコツを聞いてみた 会社に勤めながらシングルゴルファーになった人たちに、上達したコツを聞いてみました。 毎週練習に行ったり、毎日のクラブのすぶりやパターマットでの練習は、ほとんどの人がやって …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス