これぞ裏技

下半身始動のシグナルが出てからダウンスイングを開始する

投稿日:2020年6月16日 更新日:


 

 

下半身始動の大切さは分かるのですが、それを意識しすぎると振り遅れてしまいます。

まずは、下半身始動を体感してみます。

左足と右足の体重移動を足踏みで、大げさにやります。

 

左足を上げたらしっかりと右の股関節に体重を乗せる、
右足を上げたら左の股関節に体重を乗せることを意識して足踏みをします。

体重移動を意識して、うまくできたら今度はその場で足踏みをしながらボールを打ちます。

右足に体重が乗ったときにトップ作り、そのまま左足に踏み込むとき、
ボールを打ってそのまま左足に体重を乗せて右足をける。

松山選手のスローを見ますと、左の腰がわずかに沈み込むような動きがあります。

このタイミングが下半身始動のシグナルで、そのあと

ダウンスイングが開始されます。

一瞬なんですね、それから、ベルトのバックルに注目すると、斜め右から正面を向きます。

予備練習が終わったら歩きながらボールを打ちます。

少し離れた所から、歩きながらボールに近づいていってそのまま打つ
かなり高度なテクニックですが、下半身の体重移動がスムースにできていないとボールはまともに当たらないので真っ直ぐ飛びません。

もう一つのヒントは綱引きで、右から左へ引く場合い、手だけでは引けません。

左股関節を左へ引っ張る感覚があるはずです、下半身始動の同様のシグナルです。

 

いずれの場合も、決して腕や手だけで打ちに行ってはいません、体ごとぶつけていく体制から、腕や手を下ろしてきても十分間に合うことが理解できます。

シグナルが出て、体が左に移動すれば、放っておいても手は勝手に下りてくるとも言えます。

-これぞ裏技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ゴルフの裏ワザ】ダウンスイングで絶体が開かないようにする

  ゴルファーにとって、大きな問題は体が開いてしまうということです インパクトで体が開かなければ球が捕まるのですが、これがなかなか難しくアベレージゴルファーを、アベレージのままにとどまらせて …

70台でプレーするシングルゴルファー達のコース戦略 

70台でプレーするシングルゴルファー達   ゴルフではパーを重ねバーデイをとることも、成功するには必要なことですが、ミスを減らすゲームでもあります。   とりわけスコアに直結するコ …

コックを解くのを遅らせる

          インパクトの直前まで、コックを解くなとはよく言われる言葉であるが、 しかしどの位置でコックが解け始めているのか、そして解けないよう …

スライスをさせないで、強いストレートボールを打つには…。

左手甲をボールに向けながらダウンスウィング 真っすぐ飛ばそうとして、インパクトでフェース面を真っすぐ当てようとしているが、それでもフェースは開いてしまいます。   理由は2つ、。 1つ目はゴ …

【ゴルフの裏ワザ】腰が回る簡単な方法がある

腰が回っていないなどとよく言われます。 正しく体重移動ができないので、トップで右サイドにしっかり体重をのせられず、パワーがたまらないとか、 コックが早くほどけてしまい、インパクトでフェースが開いてしま …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス