ショットメーカーの技

今日のプレーはショットメーカー気分でやってみる

投稿日:2020年2月28日 更新日:


ショットメーカーはその多くがそうであるように、見た目にも非常に美しくダイナミックです。

そして、上手いゴルファーにみえます、コンパクトでシャープです。

スイングタイプ別では、左足に体重移動するタイプ、右足に体重をかけて一軸で振るタイプといますが、両ひざの角度がやや深くなって、スタンスの真ん中あたりを軸に回転するタイプもいます。

軸を真ん中あたりにして回転するのは、安定して打てるのでお勧めです。

 

 

 

スタンスの中心で回転するタイプであることは、イコール体の回転力で打つタイプのスウィングであるということです。

バックスウィングでは左を向いているベルトのバックルが、切り返し直後には正面に向いている状態になります。

まずはアドレス、上体をゆったり構えます、これができていない人がほとんどです、自分でわからないんです。

大概、力が入っている状態がほとんどです。

腰が、反っているのですぐわかります。

 

スタンスは、つま先で合わす傾向がある人は、一度かかとをみてほしい、つま先を開いたとき、つま先はラインに平行だが、振り返ってかかとを見るとクローズドになっていたり、開いていたりします。

これは勘違いで、飛球線につま先のラインを合わせた時、
かかとのラインにクラブシャフトを置いてみると、飛球線とクロスしてしまっています。

あくまで、かかとでスタンスラインを決めます。

 

 

 

ボールに対して、両足を閉じて、アドレスしそこから足を開く人を、たまに見かケマスがこの方法が正しい。

ダウンブローに打つのは必須です。

すくい打ちにならないよう上から打つそのために、ボールのてっぺんを見てアドレスしインパクトまで同じ位置をキープする。

一番手あげて80%のスイングをします。

8番なら7番を選択
コンパクトに振れます、グリップは普通に握るのがいい。

短く握ると強くヒットしてしまいます、強すぎるヒットを避けます。

8割の素振りを忘れないように。

素振りは、本番と同様にして素振が終わったら、時間をおかず、すぐに素振りをなぞるようにショットする。

 

一番手あげるだけで振り過ぎが防げます。

同伴プレーヤーより、短い番手を保ちたいという願望や見栄があったりして目いっぱい振ってしまうとショットが安定しません。

そして初めからリストコックしないで左腕を伸ばして、まっすぐにしてレートコックすれば、コックがたまったまま解けません。

真っすぐな左手にあこがれるかもしれませんが、やや曲がっていて、90%伸びている状態が最善です、プロ達はヘッドスピードが速いので伸び切っています。

少し曲がり気味の左腕が、余裕と正確なスイングプレーンを保証してくれます。

インパクトからフォローにかけてクラブが体の正面に来るよう体を回転させます。

距離が短くなってくると、腕の力で振りたくなりますが、体の正面から外れると、フェースがスイングプレーンをそれてミスを誘発します。

左足一本で、立ち胸が正面を向くよう回転します、フォローでまっすぐヘッドを出そうとせずにヘッドを立てる要領です。

これこそ、ショットメーカーが決まる瞬間です。

 

 

インパクト後は、フェースが横向きになります。

ヘッドターンするとフェースを返す感覚がつかめます、

フェースターンさせないでインパクトすると、スクエアにあっても当たり負けして、クラブが開くのでスライスします。

体の回転でフェースを閉じるのではなく、手で無理やり返すとダックフックとなったりしますから、フェース面を右に向けて打ち出し、球をつかまえて右から回して、ドローを打つ。

打感もよく、綺麗に振り抜けて思ったところに打てれば、それだけでゴルフが楽しくなります。

-ショットメーカーの技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ゴルフの裏ワザ】アイアンのライン出し上級編

ピンを真っすぐに刺すようなアイアンショット、『ライン出し』ですが、我々が打とうとするとどうしても、マン振り、打ち込みで叩きつけるようなショットになってしまいます、でも、プロの『ライン出し』はちょっと違 …

懐を広くしてクラブの通り道を確保する

70台のスコアが年2、3回くらい出るような、Aクラスの人でも、「アウトサイドインのスイングで飛距離が伸びないことを自覚しているし、もっと掴まったボールでショットを安定させたいと思っているものです。 ま …

FWはそれなりの打ち方がある

  フェアウェイウッドは払い打つものと思っていませんか ドライバーの延長線で、払い打とうとするとボールを左足寄りにセットして、低い位置からヘッドを入れようとします よね。 実はこれがミスにな …

いいトップはシンプルなバックスイングの結果です

      バックスイングのイメージは、腕や手を使わないというイメージです。 バックスイングでは、股関節や腰、上半身の捻りを使うことで、意図的に腕を動かしてやるイメージで …

忘れがちなんですよね ハンドファーストなインパクト

プロや上級者に必ずできていること、それはインパクトでハンドファーストになっている事実です。 まさに、ベストゴルファーになれるかどうかの分かれ目となります。 ハンドファーストインパクトができるようになる …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス