ミス、トラブルの解決法

傾斜地ではバケツで水を撒く

投稿日:2020年6月11日 更新日:


 

 

 

傾斜地での対処法は、分かっているつもりなのだが、ほとんどうまく打てていません。

昇りなら、あたりが薄かったり、下りならトップ気味に入って正確な距離が出ないのです、再現性が全くない。

 

傾斜地で芝が薄く、ライが悪い場合などかなり難易度の高いショットになります。

 

水が入ったバケツの水を、放り投げる要領でやれば、腰がうまくついてゆき失敗が減ります。

 

重いバケツを持って、水をまく態勢を作ります

自然に低い方の足に、体重がかかります

上半身は傾斜に対して垂直になり、バケツの水を撒く要領で、クラブを

傾斜なりに振ってゆきます。

左足上がりの場合、フェース面のロフトが増えないようにして、テイクバック3、フォロー7のイメージでフォローを大きく出していくのがポイント。

左足下がりの場合、ポイントはクローズスタンスにして左足1本に体重をかけて立ち、手首をコックする動きだけで、テイクパックし手もとをなるべく動かさずにヘッドを、インパクトで長く出していく。

 

このライで一番やってはいけないのは、インパクトの時に手が前方や目標方向に出る動きです。

この動きになるとだふり、シャンク、トップ、など、あらゆるミスが出てしまうので要注意です。

 

傾斜地では、足場が不安定ですから、上体が動きやすくなります、
バケツを持った態勢で、下半身を安定させ、ボールを見送ってやる気持ちでスイングします。

きつい傾斜地では、初めから用心してかかりますが、見た目や足の裏で感じないようなアンジュレ―ションがある場合が問題です。

インパクトで、左手甲を下にして、長めのインパクトを心掛ければ、距離通りのショットが出ます。

ダウンブローに打てていても、あたりが点であれば、ボールがフェース面に乗りませんから、ロフトが増えて、距離も出ないしスピンも入っていないことになります。

-ミス、トラブルの解決法

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ゴルフの裏ワザ】シャンクの謎

    解き明かされたシャンクの謎 ガードナーディッキンソンは,元PGAツアープロでツアーその他で11勝を挙げたプロです。 ゴルファーでいっぱいの部屋を空っぽにしたければ一言、シャ …

ハンデ10と20どこが違う?

          ハンデ10と20どこが違う、ゴルフクラブではAクラスとBクラスの違いみたいなものです。 これは米国のスコア記録分析サイトに寄せられ …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス