キレるアイアンショット

困ったことにパー3が苦手となってきた

投稿日:


 

 

チャンスホールと思われるパー3には意外にも罠が沢山あります。


ショートホールでアイアンショットするとき、ティーアップしたボールを打ちますが、ティーが高いと数ミリとは言え影響が出ます。

めったに出ないはずの、ソケットが出る時があります、それは数ミリですが体がボールに近づいているためクラブのネックにあたるためです。

スイングが詰まっているわけです。

 

女子プロのミドルアイアンのヒットポイントを見ると、スイートスポットよりもヒール寄りに打球痕があります。

わずかでも、内に入ってきたら、ソケットするかもしれません。

ボールが浮いている方が芝や地面の抵抗を受けずに打つことができるのですから、あえて芝の上に置いて打つ必要はないのですが、高さが問題です。

 

 


アベレージゴルファーなら誰もが思うことですが、低いティーだと地面とボールの間の距離がなく、うまくフェースを入れられずダフってしまうのではないかといった、イメージがあるものです。

上げようとして、アッパー気味に打ったりすると上目にあたって、距離が出ないことになります。

フェース面積の小さなアイアンで、しかも上下幅の方が小さいのですから影響は受けやすいといえます。

 

 

150ヤード、7番でなぜこのようなことになるかといえば、練習場でミドルアイアンをティーアップした状態の練習をしていないからでしょう。

慣れていないわけです。

ロングアイアンならティーアップしたボールを打つことはあっても、120~130ヤードを9番アイアンで打つときに、ティーアップして練習することはないはずです。

 

慣れないことことをすると、簡単そうに見えても怪我をするものです。

もう一つは、ティーアップしたためボールを後ろ斜めから見ていたりします。

フェアウエーでは、ダウンブローに打てているのに、レベルブローに近い状態で打っています。

 

ダウンでヘッドが立たず、ダフリ気味にさえなっています

そして距離まで落ちてしまっています

その証拠に、ダフって手前のバンカーはあるが、トップはほとんど出ないのです。

 

そこでティーアップした分だけグリップを短く握るぐらいの、思慮深さがあればミスはしないのですが…。

指の幅1本分がおよそ0.5インチですから、ショートティーの形状によっては指幅1本分高くなって正しいミートができていなかったのかもしれません。

しっかりティーを挿して、ティーグラウンドの上にボールを置いたときと同じくらいのレベルであれば、スイングの最下点の高さ調節は必要なくなります。

1番手大きなクラブ選択をし、グリップを短めに握って、コンパクトなスイングを心掛ければパースリーが好きになるかもしれない。

-キレるアイアンショット

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ゴルフの裏ワザ】アイアンをうまく打つにはコツがある

一昔前には、プロたちはわらじのようなターフを飛ばしていました、尾崎や青木の時代です さぞや手首への衝撃も大きかったことでしょう、しかし最近はクラブの進化でレベルブローが主流となっています。 もちろん、 …

インパクトで体が開かなければ、余裕で球がつかまる

体が開かない方法 インパクトで体が開かなければ球がつかまるのですが、これがなかなか難しく、体が開いてしまうと、 右肩がボールに近づいてしまうのでクラブを振るスペースがなくなり、クラブヘッドはボールの手 …

7番アイアン何ヤード飛びますか?飛び系アイアン160Y以上ランキング

    25年前くらいから試打クラブが5番から7番に変わりました。   7番が試打クラブになれば、飛ぶ7番を作ろうとするメーカーが増えてきます。 飛ばないアイアンよりも飛 …

ショットメーカーはアイアンで強い球を打つ

素晴らしいアイアンショットを放つプレイヤーは、ボールを見ているとわかりますがさすような球なんですね。 ボールをヒットしてから、右腕をさらに伸ばして強いボールを打っています、プロがよく言うボールを押して …

【ゴルフの裏ワザ】コントロール性能が高く強い球 『ライン出し』

  ピンを真っすぐに、刺すようなアイアンショットが『ライン出し』だが、 プロの『ライン出し』はちょっと違う。 インパクト後は涼しい目線で低めの飛球を追う。こんなイケメンの『ライン出し』をやっ …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス