ドライバーに自信あり

安定したドライバーを手に入れるには、曲がり幅にこだわる

投稿日:


米国のルーリッキオ氏のフェアウエーキープ率とスコアの関係では、

90切りには、3ホールに1回のフェアウェイキープ
シングルになるには、2回に1回以上のフェアウェイキープ

が必要になるそうです。

 

スコア90の壁を破ってさらにシングルプレーヤーを狙っていくためには、フェアウェイキープ率:50%のラインを突破しないといけないってコトになります。

フェアウエーキープ率をよくするには、ミート率を上げる
のが一番です。

 

ヘッドを地面から浮かせて、ボールの後ろに来るようにして構えます。

 

ヘッドを地面につけて構えると、インパクトでクラブヘッドが前に出て、ヒールに当たりやすくなります。

今どきの大型ヘッドは、イメージとして、アッパーブローで打つのではなくて、レベルブローにボールを真横から払い打つイメージ。

ドーンとオートマチックに上がっていきます。

 

いつも一定ではなく、スイングスピードを使い分けてみると
ミート率がはっきりわかるようになります。

スイングスピードを抑えると、ヘッドスピードが落ちます。ヘッドスピードが落ちると、サイドスピンがかかったとしても、そのスピン量も落ちますから、曲がり幅も少なくなります。

 

次に、ポイントを狙って打つ、ターゲットをはっきり決め、

狙う場所をできるだけ小さくして点で狙えば、曲がり幅は少なくなります。

ドライバーの場合、できるだけ飛んだ方がいいので、マンぶりしてしまいがちですが、これだと点では狙えません。

フェードヒッターなら、テイーショットでセンターを狙うのではなく、左端を狙います。

 

そうすれば、フェアウエーの幅を目一杯使えます。

そして、正しい体重移動でスイングをするようにします。

 

ボールを曲がらないようにしようと、小手先だけで振ってしまうと、かえってミスが出てしまいます。

バックスイングでは、右股関節にしっかりと体重を乗せ、
ダウンスイングの時は腰をターゲット方向に移動して回転をします。

 

そうすることで下半身リードで、曲がらないショットが打てるようになります。慣れてくるとバックスイングの体重移動やスイング軌道でどの程度曲がるのかが、予測できるようになります。

軸がぶれるほど体重を移動させないように注意して、
お尻を動くようにしておけば体重移動は簡単にできます。

 

最後に、最近の大型ヘッドのモデルを使えば、かなり曲がり幅を抑えられます。

ヘッドは大きいほうが、重心も深くなりミスヒットに寛容になっているからです。

スイートスポットを外してヒットしても、ギア効果がどうのこうのというよりも、ドーンと持って行ってくれます。

また大型ヘッドで深重心設計のモデルは慣性モーメントも高く、直進安定性が大幅にアップしています。

-ドライバーに自信あり

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ドライバーを替えて正解でした

ドライバーがやさしくなっているのは事実なんです。 長い重心距離と深い重心深度。   この2点がいまのドライバーの最大の特徴です。 大きなスウィートエリアでミスヒットに強く、クラブもボールも低 …

【ゴルフの裏ワザ】今どきのドライバーはレベルブローで楽になった

レベルブローの最大のメリットは、特別な事は何もしなくても良いということです。 最近の道具は、とても低重心化が進んでいます。 芝の上にあるボールは上から打つ必要がなくなり、ティーアップしているボールはア …

ドライバーはボール手前30cmが勝負です

    バックスイングの始動は何から始めるか スイングの始動で、間違った動きをすればすべてが失敗のままで進んでいく可能性が高いから、テークバックをいかに上手くひくかが極めて重要です …

【ゴルフの裏ワザ】ドライバーを簡単に真っすぐ打つ

  ゴルフでまっすぐに飛ばすには、まずは大きな曲がりをなくすことですね   1  巻き込みフックをなくすには? ダックフックともいiいいます、巻き込みフックは、球の飛び出し方向が左 …

データーで見た70台でプレーするポイント

    70台で回れることは、だれとでも恥ずかしくないプレーできることを意味し、誰もがあなたとプレーしたいと思うようになることです。 米国のUSGAが、男性のアマチュアゴルファーが …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス