未分類

左足上がりのアプローチ 柔らかく高く上げて寄せたい

投稿日:


 

 

アプローチで、ピンまで30ヤード、少し上りになっていて左足上がりという状況です。

 

 

ここで、打ちたい球筋としては、少し柔らかくて高い球を打っていく場合です。

この時、足元が登っていますから真ん中で構えたつもりでも、右足よりになっていたりします。

そうすると、どうしてもボールの初速が速くなって球が低く出ていきます

なので、柔らかい球を打つには、ボールの位置を左足かかと付近にまで前に持ってきます。

 

こうすることによって、左足上がりの斜面に対して、滑らすような,
斜面なりの入射角で高く打ちやすくなりますので、自然と柔らかい球が出ます。

そして、重心の位置はしっかり斜面なりに構える

重心の位置をしっかり左足上がり沿いに、構えてあげるというのが大事です

スタン幅は、肩幅よりも狭くし、飛ばない状況を作ってあげて
あとは
しっかり大きく振っていきたいんですね

そうすることによって柔らかいボールという
ものがすごく出やすくなります

 

 

大きくゆっくり最後までフルには、ふり幅を調整することが肝心です

バックスイングは少しコンパクトにしておいて、打った後のフォロースルーを大きくします。

イメージとしてはバックスイングが3、フォロースルーが7ぐらいのイメージです

なぜこうなるのかというと、インパクトのスピード感を、一定の速度でやっていきたいんです

フォローを大きく振ることによって、その一定の速度感が出ます
逆に、バックスイングを大きくすると、強く突っ込むことになります。

そして、オープンスタンスを極端に取りすぎないようにします

右肩が出てきて、突っ込みやすくなるからです。

ピッチエンドランをイメージしていると、どうしても強く、低い球が出てしまいます。

あとは、この形を覚えたら、大きく振る勇気ですね

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

70台で回わる人の流儀

  シングルプレイヤー 70台で回ることはだれとでも恥ずかしくなくプレーできることを意味し、もっと重要なことは誰もがあなたとプレーしたいと思うようになることです。 シングルゴルファーって、あ …

軽く振ってるように見えるのに飛んでるドライバー

    プロゴルファーのスウィングを見て「なんであんなに軽く振っているのに飛ぶんだろう」と感じたことはないでしょうか、。 アーニーエルスやフレッドカプルスは、エフォートレスつまり努 …

最近飛ばなくなったとお嘆きの貴兄に…

    ゴルフ場に行って、しばらく会わなかった友達が言うセリフは、決まって最近飛ばなくなってね、である。   年齢とともに体が硬くなってきいているので、まるでアプローチの …

【ゴルフの裏技】シブコが鍛えたパター技

渋野プロのあのパッティングを見ていたら、我々もしっかりとストロークすることを、前以上に心がけないかんと、思いますよね。 打ち過ぎるのは非常に怖いもの。 それを恐れずにしっかりとゆるまず打てる。 あのパ …

アプローチでどうしても、柔らかくは打てずにパンチが入って、強くヒットしてしまう人に

結論ですが、アプローチで強く入ってしまう理由は、コックをつかうからです。 アプローチでは体重移動をせず、大きなコックを使わずに、腕のストロークだけで打つようにします。 イメージとしては右手で転がす感覚 …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス