ショットメーカーの技

忘れがちなんですよね ハンドファーストなインパクト

投稿日:2020年2月19日 更新日:


プロや上級者に必ずできていること、それはインパクトでハンドファーストになっている事実です。

まさに、ベストゴルファーになれるかどうかの分かれ目となります。

ハンドファーストインパクトができるようになると、ゴルフが変わるといっても過言ではありません。

アイアンはビシッ!とダウンブローに打てるからダフりのミスが少なくなるし、インパクトロフトの誤差が少なくなるので距離が安定します。

つまり、いつも番手通りの適正な距離を飛ばせるようになるのです。

アプローチショットではボールがフェースに食いつくようになるので、しっかりとスピンがかかり、キュッ!と止まる球になります。

要は、憧れのプロのようなプレーが可能になるというわけです。

ハンドファーストにインパクトするのは、そう簡単ではありません、どうしてか

インパクトしたときにボールよりも左に手がなければならないわけですが、右手をその位置まで持っていくのは体の構造上不自然なのです。

右手は右肩を支点にして動き、左手は左肩を支点にして動きます。

 

左肩はもともとボールよりも左にあるので、左手をボールの左に持っていくのはさほど難しくはありません。

 

しかし、右肩はボールより右にあるので、右手をボールの左に持っていくのはけっこう大変な作業なのです。

だから、手がボールよりも右にある状態でインパクトしてしまいます。

「すくい上げたい」という気持ちのせいもあるのですが、物理的に難しいという側面もあるのです。

 

こうなるとダフリやすくなるし、ロフトは寝てしまうから距離が出ない、この不安定さゆえにビッグスコアはなかなか難しいんです。

どうすればハンドファーストにインパクトできるようになるのでしょうか。

 

オススメの方法は、プロの練習法です

 

左右別々に動きを覚えることです。

目の前で確認もできます

 

使うのはウェッジで、これを片手ずつ打つ練習をします。

まずは左手でウエッジを持ち、20ヤードのアプローチショットを打ちます。

 

ポイントは、インパクトするときにしっかりと手をボールの左に持ってくること。

ヒジは曲げずに、甲を張れたらなお良しです。

 

そして右手も同様に、手がしっかりボールの右に来るようにインパクトしましょう。おそらくこちらのほうが難しいと思います

左右別々にできるようになったら、両手でもできるはずです。

左右の腕が伸びていて、なおかつハンドファーストにインパクトできるようになったら、別の景色が見えていると思います。

-ショットメーカーの技
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

下半身から動き出し、捻転差を感じる方法

飛距離を出すには、様々なテクニックがありますが、その一つはやはりロングヒッターに多く共通して見られる、強い捻転を生み出す下半身リードの切返しでしょう。 下半身リードで捻転差を生み出す事が出来ていれば、 …

コックを最後の最後まで解かない方法

      米国のプロがやっている方法です。 3番ウッドを使います、ボールをティーアップしアドレスする。 トップまで行き、いつもの2分の1の速度かそれより遅い速度で腰がボ …

懐を広くしてクラブの通り道を確保する

70台のスコアが年2、3回くらい出るような、Aクラスの人でも、「アウトサイドインのスイングで飛距離が伸びないことを自覚しているし、もっと掴まったボールでショットを安定させたいと思っているものです。 ま …

絶体にタメがほどけないようにします

手が通るスペースがなくなって、手が上に浮いてタメが消えてしまうシーンよく見かけます。 手が浮くというのは、手だけがおなかのあたりまで上がって来て、手だけで打っています。   そして腕が伸びて …

【ゴルフの裏ワザ】 FWでグリーンを狙う

  今どきのFWは、難しい3Wを使わなくても5Wなら、ヘッドスピードが40m/hで190ヤード前後の距離が打てます テイーショットのミスをカバーしたり、打ち上げのセカンドでボールを上げたい場 …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス