ショットメーカーの技

懐を深くすれば楽に早く振れる

投稿日:


 

 

 

 

今の打法では背中が少しカーブがついて丸みがあるのが良いのですが、猫背だとお尻が落ち顔が下を向いてしまうので、両手が肩の真下より内側に入り懐がなくなった、どちらかというと縮こまった格好になります。

 

このように全体の筋肉が弛緩してしまうと体を捻転しにくくなります。

 

手だけであげる手打ちのスイングが身についてしまいますので、こういうときは背筋を伸ばしてお尻を後ろに突き出して、構えなさいというアドバイスが普通ですが、ゴルフではもともと腹筋を使うスポーツですから伸ばしにくい背筋を使うよりも、腹筋で体を伸ばします。

 

体を縦に伸ばして顎に意識を持っていきます。

そうすると胸周りが開いて、首が長くなりあごの位置が一段と高くなります。

例えれば頭のてっぺんから、操り人形のように引っ張られている感じです。

そして腰ではなくまた関節から体を前傾させます。

 

ポイントはおへそを引っ込めてボウリングのボールを、真っすぐ後ろに引いて思い切って距離を出すように、目標方向に放り投げるようにすると背筋から腰にかけてフラットになり下腹が引っ込みます。

懐が深くなり、腕を左に振っていけるスペースができるので楽に回転できるようになります。

そして足裏に力が入りやすくなるので軸ブレがなくなります

お尻を後ろに突き出して、腹筋を使うのがポイントです。

-ショットメーカーの技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ゴルフの裏ワザ】アイアンのライン出し上級編

ピンを真っすぐに刺すようなアイアンショット、『ライン出し』ですが、我々が打とうとするとどうしても、マン振り、打ち込みで叩きつけるようなショットになってしまいます、でも、プロの『ライン出し』はちょっと違 …

【ゴルフの裏ワザ】パーオンがスコアを決める

          ゴルフファーはパーオンを目指してプレーしています。 パーオン数でスコアがほぼ決まるから、パーオンを目指せば、 戦略も立てられるとい …

ヒッカケはバックスイングが原因でした

      プレーの後半、疲れてきてバックスイングがまともに上がらなくなったり、年齢とともにトップの手の位置が下がってくると言われていますから、インサイドに引きすぎたりし …

腰を切れば絶対に飛ぶ

腰を切れば、飛距離が格段にアップするのは分かっているが、速く簡単には回ってくれないのが腰です。 ゴルフの“腰を切る”とは… イメージは腰のセンターを中心にして左腰が背後に回転し、右側が前方に回転する動 …

懐を広くしてクラブの通り道を確保する

70台のスコアが年2、3回くらい出るような、Aクラスの人でも、「アウトサイドインのスイングで飛距離が伸びないことを自覚しているし、もっと掴まったボールでショットを安定させたいと思っているものです。 ま …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス