未分類

最近飛ばなくなったとお嘆きの貴兄に…

投稿日:


 

 

ゴルフ場に行って、しばらく会わなかった友達が言うセリフは、決まって最近飛ばなくなってね、である。

 

年齢とともに体が硬くなってきいているので、まるでアプローチのようなスイングになっています。

体と腕が一緒に動くのです、これはこれで寄せには大事な要素で、うまくボールを運べる、しかし腕をまるで振っていないから飛ぶわけがない。

 

バックスイングでもダウンスイングでも、いつもドライバーが体の正面にあって、上半身と下半身の時間差がないのである。

まるでコックを忘れてしまったかのようなスイングだから、早い段階からコックを入れてやれば、こんな形ができるはずだから、その形をまねてスイングする。

 

ゴルフの理論はイヤというほど勉強したから、わかっているつもり、カタチから入れば飛距離も修正できるのではないかと考えた。

ルーク・ドナルドが「アーリーコック」をすすめています、

 

コックのタイミングは早いほうがいいと僕は思う。なぜなら余計な動きが抑えられてスウィングがシンプルになるから。

グリップが右腕の真横にきた段階でコックを完成してしまえば、あとは肩の回転でトップまでクラブを上げるだけ

 

トンカチで釘を打つときも手首を柔らかく使った方が狙いも定まるし、力が出る、トンカチで釘を打つとき“ノーコック”ではうまくいかなさそうだ。

レッスンでは、腰を45度まわしたら、腕とクラブは体の横に来ています。

 

そこから、飛球線方向に背を向けるのが原則ですが、これがきつい。

そこで、クラブが体の横に来た時、9時の位置に来たらフルコックします。

 

そうすると、肩がギリギリ回ってくるのがわかります、無理をせずに、限界ではなくある程度回ったら、この形になっていますから捻転差が出て飛距離もアップします。

ポイントは2つあります、左ひじは少し曲げたぐらいで、ピンと伸ばす必要はない、もう一つは野球のバッターのようにバットのヘッドが、手を追い越すさまを見ることです。

 

間違っても、バントや流し打ちをしてはいけません。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ドライバーをゆっくり上げるのは、もうそろそろやめたほうがいい

少しゴルフがわかってくると、ボールを飛ばすのは腕力ではなくシャフトのしなりだということを理解するようになります。 軽く振ったのに飛んでいるとか、腕に力が入りすぎてスイングスピードが落ちたとかを感じるよ …

軽く振ってるように見えるのに飛んでるドライバー

    プロゴルファーのスウィングを見て「なんであんなに軽く振っているのに飛ぶんだろう」と感じたことはないでしょうか、。 アーニーエルスやフレッドカプルスは、エフォートレスつまり努 …

プロのスイングでは、 バックスイングの軌道とダウンスイングの軌道が異なるのはなぜか

    ガルシアのスイングを、分解写真で見るとバックスイングで上げた軌道とダウンスイングで降りてくる軌道は、異なります。   スイングプレーンを見ると、ダウンスイングの方 …

【ゴルフクラブ】すぐできる!ピンそばに、ピタッと停まるアプローチ

  中上級者ならできる、スピンをかけてピンそばに止めるショットでは まず、自分が得意としている最適クラブを選ぶことです セットクラブのSWならバンスが大きいので難しくなります 一番アマで多く …

腰が切れれば 下半身始動はできる

      「手打ちスイング」にならないよう、腰を切るわけですが、速く腰を切れば肩も速く回ります。   左腰を切るのは、右腰・右肩を引っ張りたいためです。 腰で …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス