ショットメーカーの技

米国のインストラクターが言う軽く振って飛ぶ麻薬とは

投稿日:


 

軽く振って飛ぶ麻薬

米国のインストラクターが言う軽く振って飛ぶ麻薬とは

それはなんでもないホール、まるで各駅電車の通過駅のようななんでもないホールで起こります。

振った意識もないほど軽くスウイングしたのに、飛んでいると感じることがたまにあります。

そう、ロングホールでもなくショートホールでもなく、そしてそんなに難しくない、短いパーフォーで飛ばそうなどとも思わないで、軽くスイングした時に飛んでいたことがありました。

あなたは考えたこともないかもしれないが、重力はゴルフスウィングに重要な効果をもたらす、あなたが努力すべき部分はバックスウィングだけでしかない。

なぜなら、クラブをトップの位置に持っていくのは重力に逆らう行為だからです。

一旦クラブがトップに達してしまったら、その後は逆らわずに重力に従い、すべてなるがままに任せることにします。

ところがゴルファーは重力に委ねることなく、ボールに向かって

上半身の力で打とうとする、このエネルギーの爆発は、スウィングの最中の間違った時点で起こり、ひっかけや押し出しを招く結果となります。

スウィングのトップで求められるのは両腕とクラブを、落下させることでありこの動きはどんな上半身の回転にも先行すべきものであります。

あなたに必要なのは体重を移動させるだけで他に何もしないことです。

重力は、クラブヘッドがボールに向かう動きを始める前に、クラブを正しい位置に落下させます、一旦クラブが落下すればあなたはターゲットに向かって協力の逆回転をするだけなんです。

クラブがボールに向かってパワフルな軌道上にあることは確実ですから、

このクラブの落下の感覚を得るには、上半身が動き出す前に右足に向かって両手を落下させる練習をしてみることです。

あなたの両手がスローモーションでダウンスウィングをスタートさせている

 

のように感じるべきで、コックを解かないことと、両手が落下する間に自然に右手がまっすぐになる点に注目します。

インパクトでのクラブのリリース解くことが遅すぎるような感覚を抱くかもしれないが正しいフィーリングなんです。

これがレイトヒットなんです。

トップでフッと力を抜くと自然にクラブが落下することが分かりました。

きついグリップで力んだスウィングをしているとこの現象は起こせません。

ふわーっとクラブを上げストンと落としてからその重力に便乗して振り抜くのです

練習で体験すれば、あ、こういうことだったのかと、本番で

感覚を味わうことができるでしょう。

そしてこのクラブの落下はクラブを閉じて上げるスウィングが、望ましいドライバーに間違いなく役立つはずなので今後とも追求すべき重要課題といえるものです。

 

-ショットメーカーの技
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ゴルフの裏ワザ】パーオンがスコアを決める

          ゴルフファーはパーオンを目指してプレーしています。 パーオン数でスコアがほぼ決まるから、パーオンを目指せば、 戦略も立てられるとい …

締めるのはヒジではありません脇です

    スポーツの中で、脇を空けていいという動きは存在しないでしょう。 ランニングしかり、相撲やボクシング。ボールゲームでいえばサッカー、野球、そしてゴルフも例外ではありません。 …

バンスを滑らせるにはコツがあった

    ウエッジでアプローチをするとき、芝の上にボールが載っていて、少し浮いている状態なら安心して打てますが、刈り込まれて極端に短い芝やベアグラウンドに近い、ライの悪いときなどは慎 …

最近のジャック二クラウスの名言

最近、ジャックニクラウスがゴルフダイジェストで語った名言です。 『クラブを地面に付けてアドレスしたら、インパクトでクラブがその地点に戻るのは自然の理である。 言葉を替えれば、あなたはダフる準備をしてい …

ヒッカケはバックスイングが原因でした

      プレーの後半、疲れてきてバックスイングがまともに上がらなくなったり、年齢とともにトップの手の位置が下がってくると言われていますから、インサイドに引きすぎたりし …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス