ショットメーカーの技

絶体にタメがほどけないようにします

投稿日:2020年3月12日 更新日:


手が通るスペースがなくなって、手が上に浮いてタメが消えてしまうシーンよく見かけます。

手が浮くというのは、手だけがおなかのあたりまで上がって来て、手だけで打っています。

 

そして腕が伸びて、手首のタメが早くほどけてしまうことによって、ボールの手前を叩いたり、クラブが開いてしまいます。

意識すべきは手首ではなくて右肘。ダウンスイングでこの右肘が伸びてしまうと、手首のコックもすぐにほどけてしまいますが、右肘が曲がったままキープされていれば、インパクトの瞬間まで手首のタメがほどけないものなんです。

 

野球でいえば、曲げた右肘を止めないで動かし続けることでタメが生まれます。

 

 

曲げた肘がどんどん前に出て、投球する瞬間に初めて肘が伸びます。ゴルフスイングも同様です。

 

結論を言えば、ひじを伸ばすはインパクトですが、その手前で伸ばしてしまっています。

 

まずは、ボール位置、当てたい意識が働いて、知らず知らずにボール近くに立ってしまっています。

 

こうなると手を振るスペースがなくなって手元が浮き
ひじが伸びて、ためが解けてしまいます。

トゥダウンが大きくなり飛距離も出ないことになります。

思い切ってボールから、離れて立つことが改善策です。

連続素振りをするとボールとの距離感が素早くつかめます。

 

 

懐が深く確保できたらここから右足体重でインパクトしますが、振り遅れないようにします。

ダウンで体が早く開いて、トップから体と同調していた腰が早めに回ってしまい、同調が崩れ振り遅れるので、フェースが開きためがほどけやすい。

ボールを叩きに行けば、上体が左に突っ込みやすくなりますから、振り遅れます。

そして同調もなくなり回転も止まります、つまり左に乗るのが早すぎると、インパクトに間に合わなくなるので、ためを解いてしまうんです。

これを修正するには、右足体重でインパクトを迎えます。

右脚体重は、わりとアマは上手です。

 

ダウンスイングでは、ボールの右サイドにいるのが世界基準です、右サイドにいる間にシャフトがしなっておりてきて、
しなり戻ってボールを捉えます。

ここで打ちにいかないで、一呼吸待つんです

体重移動は、バックスイングで右、ダウンスイングも右、
インパクト後に左ですが最後の左は意識しなくていいぐらいでクラブに引っ張られてから乗るくらいの感じです。

 

悪い癖を治す方法は、ダウンブローの最初にタメを作ったら、そのままの肘の角度で手首を左足の前まで持ってきてください、インパクトを通り過ぎても維持することです。

そうすれば、タメを長く引っ張る感覚を体のおぼえこませることができます。

-ショットメーカーの技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

いいトップはシンプルなバックスイングの結果です

      バックスイングのイメージは、腕や手を使わないというイメージです。 バックスイングでは、股関節や腰、上半身の捻りを使うことで、意図的に腕を動かしてやるイメージで …

ダウンブローはフラットな左手が出現すれば完成する

アイアンショットでは、以前ほどターフをとらなくなってきてはいるが、ダウンブローは必要な技術です。 再現性のあるダウンブローの打ち方は、いろいろと報告されていますが、自分に合ったやり方でショットするのが …

忘れがちなんですよね ハンドファーストなインパクト

プロや上級者に必ずできていること、それはインパクトでハンドファーストになっている事実です。 まさに、ベストゴルファーになれるかどうかの分かれ目となります。 ハンドファーストインパクトができるようになる …

【ゴルフの裏ワザ】体の軸を中心にコマのように鋭く回転する

      体の軸を中心にコンパクトに、その場でコマのように回れば安定したショットが打てるはずです捉えるポイントも自分に近いところでヒットするので、頭が残ってよくボールが …

ヒンジングでもっとドライバーを飛ばす

日本では、手首の動きをコックで説明することが多いですが、海外ではコックと並びヒンジングと呼ばれる手首の横動作がよく取り上げられます。 ヒンジングとは、蝶番の動きのことで、スイングにおいては、右手首を親 …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス