ショットメーカーの技

絶体にヘッドアップしない方法

投稿日:2020年2月11日 更新日:


 

 

レッスンでは頭を動かすなとか、ミスの原因はヘッドアップとか

とかく頭が動きすぎたことが原因で、ミスと言われるケースが多い。

 

しかしやっかいなのは本人に、自覚があまりないのでどの程度動いたら

ヘッドアップなのか、頭の移動によって身体体がどの程度動くのかよく分からないケースがほとんどです。

 

 

 

頭が動く原因は2つあり、1つめは、打ったゴルフボールを目が追いかけていくので、上体が起き上がってしまうこと。

 

2つ目は、アドレスの構えの前傾角度をキープできなくなるので、体が起き上がること。

 

によって起こります。

 

どちらも、ゴルフスイング中に上半身が起き上がってしまっているのがヘッドアップの要因になっています。

 

これを防ぐには、アドレスでお尻が前に出るのを押さえます、壁にお尻をつけたまま素振りをします。壁にお尻が付いている間はヘッドアップしません。

フォローで左腕が、曲がったり折れている場合は、体が起き上がって腕の通り道がなくなり、腕を逃がしているからなのです。

練習法

右打ちの場合、通常はアドレスしたときに右手が下、左手が上になるようにクラブを持ちますが、これを上下入れ替えて右手が上、左手が下になるように持ってボールを打つドリルです。

やってみるとわかりますが、体が起き上がる癖がある場合はまったくボールに当たりませんし、当たっても右に飛んでしまいがち。

ジャストミートするためには前傾姿勢をキープし、ハンドファーストにとらえ、シャフトを軸にフェースを回す必要があります。

これはごまかしがききませんから、完全にできるようになるとひくく長いフォローが取れるようになり、頭は上がらなくなります。

 

 

-ショットメーカーの技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スイング中左腕を真っすぐ伸ばすのをおすすめしない理由

プロ達のスイング写真からは綺麗に伸びた両手がいつも目に入るので、マネようとして意図的に、特に左腕を伸ばそうとしていませんか?   結論から言うと、彼らは腕を伸ばし切ろうとはしていないし、むし …

早くからフィンガーストロングにしておけばよかった、 レイトヒットはこれだ

レイトヒット   上手い人ほど、手首が動いていないように見える ボールを強く正確に打とうと思うなら、可能な限り長く手首のコックをキープしなければならない。 あなたの目指すものはレイトヒットで …

【ゴルフの裏ワザ】タメがキッチリ出来たらもっと飛ぶ

          ダウンスイング時は、しっかりとインパクトするためにクラブヘッドに意識が行きがちですが、グリップエンドの向き次第で、ヘッドの入射角度 …

シャンクの名医を見つけた

シャンクインストラクター シャンクは忌み嫌われる病のようです、これだけゴルフクラブが進化を遂げても、シャンクしないクラブは登場しません。 昔も今も、シャンクがなくなることはないのです。 そこで、絶対的 …

FWはそれなりの打ち方がある

  フェアウェイウッドは払い打つものと思っていませんか ドライバーの延長線で、払い打とうとするとボールを左足寄りにセットして、低い位置からヘッドを入れようとします よね。 実はこれがミスにな …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス