ショットメーカーの技

絶体にヘッドアップしない方法

投稿日:2020年2月11日 更新日:


 

 

レッスンでは頭を動かすなとか、ミスの原因はヘッドアップとか

とかく頭が動きすぎたことが原因で、ミスと言われるケースが多い。

 

しかしやっかいなのは本人に、自覚があまりないのでどの程度動いたら

ヘッドアップなのか、頭の移動によって身体体がどの程度動くのかよく分からないケースがほとんどです。

 

 

 

頭が動く原因は2つあり、1つめは、打ったゴルフボールを目が追いかけていくので、上体が起き上がってしまうこと。

 

2つ目は、アドレスの構えの前傾角度をキープできなくなるので、体が起き上がること。

 

によって起こります。

 

どちらも、ゴルフスイング中に上半身が起き上がってしまっているのがヘッドアップの要因になっています。

 

これを防ぐには、アドレスでお尻が前に出るのを押さえます、壁にお尻をつけたまま素振りをします。壁にお尻が付いている間はヘッドアップしません。

フォローで左腕が、曲がったり折れている場合は、体が起き上がって腕の通り道がなくなり、腕を逃がしているからなのです。

練習法

右打ちの場合、通常はアドレスしたときに右手が下、左手が上になるようにクラブを持ちますが、これを上下入れ替えて右手が上、左手が下になるように持ってボールを打つドリルです。

やってみるとわかりますが、体が起き上がる癖がある場合はまったくボールに当たりませんし、当たっても右に飛んでしまいがち。

ジャストミートするためには前傾姿勢をキープし、ハンドファーストにとらえ、シャフトを軸にフェースを回す必要があります。

これはごまかしがききませんから、完全にできるようになるとひくく長いフォローが取れるようになり、頭は上がらなくなります。

 

 

-ショットメーカーの技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

締めるのはヒジではありません脇です

    スポーツの中で、脇を空けていいという動きは存在しないでしょう。 ランニングしかり、相撲やボクシング。ボールゲームでいえばサッカー、野球、そしてゴルフも例外ではありません。 …

【ゴルフの裏ワザ】 ピンまで30ヤード 下はベアグラウンド

ピンは狙えますが、ボールはベアグラウンドの上。 バンカー越えで少し打ち上げです。 ピンまでは30ヤードといったところです。   バンカーがなければ、グリーン手前から転がしていけます。 8I、 …

下半身から動き出し、捻転差を感じる方法

飛距離を出すには、様々なテクニックがありますが、その一つはやはりロングヒッターに多く共通して見られる、強い捻転を生み出す下半身リードの切返しでしょう。 下半身リードで捻転差を生み出す事が出来ていれば、 …

最近のジャック二クラウスの名言

最近、ジャックニクラウスがゴルフダイジェストで語った名言です。 『クラブを地面に付けてアドレスしたら、インパクトでクラブがその地点に戻るのは自然の理である。 言葉を替えれば、あなたはダフる準備をしてい …

バンスを滑らせるにはコツがあった

    ウエッジでアプローチをするとき、芝の上にボールが載っていて、少し浮いている状態なら安心して打てますが、刈り込まれて極端に短い芝やベアグラウンドに近い、ライの悪いときなどは慎 …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス