ショットメーカーの技

絶体にヘッドアップしない方法

投稿日:2020年2月11日 更新日:


 

 

レッスンでは頭を動かすなとか、ミスの原因はヘッドアップとか

とかく頭が動きすぎたことが原因で、ミスと言われるケースが多い。

 

しかしやっかいなのは本人に、自覚があまりないのでどの程度動いたら

ヘッドアップなのか、頭の移動によって身体体がどの程度動くのかよく分からないケースがほとんどです。

 

 

 

頭が動く原因は2つあり、1つめは、打ったゴルフボールを目が追いかけていくので、上体が起き上がってしまうこと。

 

2つ目は、アドレスの構えの前傾角度をキープできなくなるので、体が起き上がること。

 

によって起こります。

 

どちらも、ゴルフスイング中に上半身が起き上がってしまっているのがヘッドアップの要因になっています。

 

これを防ぐには、アドレスでお尻が前に出るのを押さえます、壁にお尻をつけたまま素振りをします。壁にお尻が付いている間はヘッドアップしません。

フォローで左腕が、曲がったり折れている場合は、体が起き上がって腕の通り道がなくなり、腕を逃がしているからなのです。

練習法

右打ちの場合、通常はアドレスしたときに右手が下、左手が上になるようにクラブを持ちますが、これを上下入れ替えて右手が上、左手が下になるように持ってボールを打つドリルです。

やってみるとわかりますが、体が起き上がる癖がある場合はまったくボールに当たりませんし、当たっても右に飛んでしまいがち。

ジャストミートするためには前傾姿勢をキープし、ハンドファーストにとらえ、シャフトを軸にフェースを回す必要があります。

これはごまかしがききませんから、完全にできるようになるとひくく長いフォローが取れるようになり、頭は上がらなくなります。

 

 

-ショットメーカーの技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

今以上にヘッドスピードを上げる最強の方法

レッスンでクラブを速く振るために、インストラクターがいつもいうことは、肩を回せ、腰を回せ、腰をキレ、腕をましたに落とせ、右足前でインパクトせよ、   これらよりもっと強力なヘッドスピードを上 …

【ゴルフの裏ワザ】軽く振って飛ぶショットとは…

      米国のインストラクターが言う軽く振って飛ぶ麻薬とは それは、なんでもないホール、まるで各駅電車の通過駅のような、なんでもない ホールで起こる。   …

インパクトの左わきに意味がある

        このようなインパクトよく見かけませんか、それがトッププロに多いんです。 結論から言えば、インサイドに引き、左脇を締め挙げるスウィングです。 スラ …

【ゴルフの裏技】絶体ダフらない方法はこれしかない <うまいダウンブローには訳がある>

<うまいダウンブローには訳がある>           ダウンブローでは、スイングだけでなくグリップやコックをうまく使えば、ミスなくできるようになりま …

コックを増やせば、ヘッドスピードも上がる

    ボールを、さらに強く正確に打とうと思うなら、可能な限り長く手首のコックをキープしなければならない。 ヘッドスピードを上げるには、レイトヒットとミート率を上げなければならない …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス