ダウンブローをマスターする

絶体ダフらない方法はこれしかない ①

投稿日:


ダフリをなくしたい

ダフリってよくやるんです、なくしたいんですが…。

クラブが手前に、先に着地するからダフりがおきます。

それでは、ボールの先に着地すればダフリは出ないわけだよね

トップは出ないのか?

そんな疑問が出てくるかもしれません。

ダウンブローに打てればダフリは軽減される

ボールの赤道を打てば、トップするでしょう、 ダウンブローは、赤道と地面の間を狙って、リーデイングエッジを入れていきます。

プロ達は、大体の感覚でボールの前にリーデングエッジをもってきています、インパクトの瞬間は見れませんから、練習で培ったイメージでスイングしているわけです。

 

アイアンはダウンブローに打つことが大原則で、ダウンブローはハンドファーストが絶対条件になります。

そしてポイントが二つあります。

インパクトゾーンをクラブが抜けていくときに (1)クラブのヘッドがグリップを追い越す。

(2)ヘッドのトウがヒールを追い越す。

 

「上からヘッドを鋭角に下ろす」とか、「ハンドファーストに打つ」といったイメージだけで終わるのは、誤りで1と2の条件をクリアすれば、ボールがつかまっているわけです。

ハンドファーストのまま、インパクトを迎えてしまうと、これは単にハンドファーストで打っただけです。

 

ボールの先のターフをとっていたとしても、ダウンブローではありません。

「フェースターン」といわれている動きがダウンブローには必須。

 

インパクトまではヒールがトウよりも先行し、インパクトでフェースがスクエアに戻り、その後はトウがヒールを追い越していくのが正しいスイングで、自然なクラブの動きと言えます。

 

無理に、手で返すような動きは必要ありません。

ダウンブローがキッチリ行えれば、ボールに直接コンタクトしますから、ボール手前で落下するダフリはしないことになります。

プロ達は、この赤道と地面の間にリーデングエッジを入れるにも、保険を掛ける人がいると言われています。

わざと、ボールの直前またはボール真下から、クラブのソールを滑らせてやる方法です。

アイアンが薄めだったとか厚めだったとか感覚でわかるようになれば、操作性も上がることでしょう。

-ダウンブローをマスターする
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ゴルフの裏技】絶体ダフらない方法はこれしかない ②

ダウンブローで上手くなる ダウンブローで打てなくても、100切り~90前後くらいのスコアは十分に出せます。 しかし80代前半以上を目指すなら、アイアンをダウンブローで打てることは、ほぼ必須の技術です。 …

【ゴルフ裏ワザ】上級者が必ず行っていることとは

      ゴルフのアイアンショットはダウンブローに打つのが基本です   プロやシングルハンデの上級者は、確実にダウンブローができています。       アイアンがボールにコンタクトしてから …

【ゴルフの裏技】絶体ダフらない方法はこれしかない ③ ダウンブローエクササイズ

ダウンブローのエクササイズ ダウンブローのエクササイズです、いろいろな方法が考案され実践されています、自分に合った方法で試してください。   1.藤田プロのやり方、普段からやっているそうです …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス