ショットメーカーの技

締めるのはヒジではありません脇です

投稿日:


 

 

スポーツの中で、脇を空けていいという動きは存在しないでしょう。

ランニングしかり、相撲やボクシング。ボールゲームでいえばサッカー、野球、そしてゴルフも例外ではありません。

野球でバットを体から離し、腕を伸ばして構えていると、早い球が来たら間に合いません。

 

 

それはバットを早く振れないからです、テニスも同様でラケットは体の近くで構えています。

脇を締めて、支点の肘を近づけると、それだけで力強く振ることができます。

支点(この場合は肘)が遠くにあればあるほど、力を出しにくくなります。

ゴルフも同じで、脇を締めてスイングすることが、基本です。

 

アドレスからテークバック、切り返し、そしてインパクトまで、脇はつねに締まっていなければなりません。

これができないと、手打ちになり、スイングに再現性がなくなります。

クラブフェースがスイングプレーンからはずれる、だふる、トップする、飛ばないという悲惨な連鎖に陥ります。

 

さて、ここで問題になるのが、脇の締め方です。

プロ達のバックスイングを見ますと、腕をベルトをこするぐらい体に引き付けています。

このスイングを見て、目が行くのはヒジなので、ゴルファーはヒジを脇腹にくっつけてしまいます。

脇を締めるんじゃなく、肘を締めてしまっています。

これは、大きな誤解です。

 

肘を締めたまま無理やりスイングをしようとするから、動く範囲が肘から下しかなくなり、スイングアークが極端に小さくなり、とんでもない動きになってしまうのです。

締めるのは「脇」です。

 

この一点が締まっていればいいのです。アドレスでは、前傾して肘を脱力して下ろします。

その下ろしたところから、肘を少しだけ余裕を持たして曲げておきます。

 

この体と肘の位置関係はインパクトまでほぼ変えません。

脇さえ締まっていれば、意識しなくても変わることはありません。

円の軌道が大切
スイングプレーンは円軌道というのを、思い出してください。

 

肘や手首も同じ形の円を描かなくてはなりません。もちろんそれぞれプレーンの大きさは変わりますが。

ここがプレーンからはずれると、体との位置関係が変わるということです。

 

ハンドアップで構えているのに、クラブを寝かせて上げるので、トップがすごく低くなってしまっている人や、ハンドダウンに構えて、クラブヘッドだけ天をつくように上げるから、トップがすごく高く伸び上がってしまうという人、なんかが、プレーンから腕の動きもフェースもはずれてしまっている場合です。

トップの位置では肘は下を向きます。ここでも体と肘の間隔は変えません。

 

ただし肘の高さは肩のあたりまで上がっています。そこからダウンスイングに入り、インパクトで腕はアドレスの位置に戻ります。右脇をしめたままフォローに入ってフィニッシュ。インパクトからは左脇は解放しますが、右脇を締める感覚は最後まで残っています。

ホームランの世界記録を持つ王貞治選手が現役時代テレビでこんなことを言っていました。

 

脇が開いていると衝撃に弱いので、バットの芯で捉えても
相手のボールの勢いに負けやすいのです。

でも脇が締まっていれば、ボールに勢いがあっても負けないではじき飛ばせる、ホームベースの近くに立てるからインコースもうまく打てます。

 

わきが閉まっていないバッターは、インコースにバットの先が出せないので遠くに立たざるをえなくなります、そうなるとボールを強く叩けないし、アウトコースが来たらさらに脇が開いてしまいます。

インコースがホームランになるケースが多いのは脇が締まった形で捉えるからなんですね。

 

ゴルフでも全く同じで、脇が締まっておれば、体の力が伝わりやすいし衝撃に負けないのでボールはよく飛びます。

さらには腕に動作のあまりが生じにくいので方向性も良くなります。

 

身体と一緒に回転しないとあんなに早くは、回転できません

脇の具体的な締め方にも言及していて、ダウンスイングで、右打ちの場合は右ワキをおへそにつける意識を持っているそうです。

この時バックスイングでできた左手首、右打ちの場合は右手首の角度をキープしインパクト直前までバットのヘッドを審判の方に向けておくことで加速できると言っています。

腕相撲で、脇をしめ支点の肘を引き付ると、効率よく力が出ます。ゴルフもこの腕相撲と同じです

-ショットメーカーの技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

腰を切れば絶対に飛ぶ

腰を切れば、飛距離が格段にアップするのは分かっているが、速く簡単には回ってくれないのが腰です。 ゴルフの“腰を切る”とは… イメージは腰のセンターを中心にして左腰が背後に回転し、右側が前方に回転する動 …

アドレスで体重はどこにかけるか?

    アドレスで、体重はどこにかけるのが自分に一番合っているのか、疑問に思っている人も多いと思います。 下半身を安定させるためには、足の中央、土踏まずという人もいれば、飛ばすには …

懐を広くしてクラブの通り道を確保する

70台のスコアが年2、3回くらい出るような、Aクラスの人でも、「アウトサイドインのスイングで飛距離が伸びないことを自覚しているし、もっと掴まったボールでショットを安定させたいと思っているものです。 ま …

今以上にヘッドスピードを上げる最強の方法

レッスンでクラブを速く振るために、インストラクターがいつもいうことは、肩を回せ、腰を回せ、腰をキレ、腕をましたに落とせ、右足前でインパクトせよ、   これらよりもっと強力なヘッドスピードを上 …

絶体にタメがほどけないようにします

手が通るスペースがなくなって、手が上に浮いてタメが消えてしまうシーンよく見かけます。 手が浮くというのは、手だけがおなかのあたりまで上がって来て、手だけで打っています。   そして腕が伸びて …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス