未分類

腰が切れれば 下半身始動はできる

投稿日:


 

 

 

「手打ちスイング」にならないよう、腰を切るわけですが、速く腰を切れば肩も速く回ります。

 


左腰を切るのは、右腰・右肩を引っ張りたいためです。

腰で右肩の回転を促そうとすれば自然と腰が先に回転します。

多少なりとも力を使うのは、腰を切る瞬間だけです。

 

 

プロゴルファーのスイングを後方から見た時に、インパクト時に後方から左のお尻が見えています。

左のお尻がたくさん見えている選手は多く腰を切っています。

もうやめてしまいましたが、森田理香子選手は腰をよく切っている女子プロの一人でした、もう見られないのが残念です。

 

 

ダウンスイングでは、必ず腰をターゲット方向へ移動させながら腰を切る動作をします、。

腰を切るだけでは、力がゴルフボールへ伝わりません。

ターゲット方向へ移動させながら切ることで始めて持っている力がボールに伝わるようになります。

 

野球でいえば、ドライバーを手にシャフトが地面と垂直になるところまで振り上げ、そのままボールを打つ

この短いバックスイングから本当のパワーを生み出すには腰を爆発させる以外にはありません。

それはターゲット方向へのスウェイではないので間違えてはならない

そうではなく誰かがあなたのベルトバックルをひっつかみ、三塁方向にグイッと引っ張るように感じるべきだ。

イメージとしては、肩はそのままで、腰が左へ移動しながら、回転して左のお尻が後ろにいる人に見えるようになるはずだ。

 

この腰を切る動きにはコツがあります。それは、バックスイングで右のお尻を引き、フォローでは左のお尻を引くイメージです。

その時、前傾姿勢を維持すればやりやすくなります。

腰を切る感じを体感させるために、インストラクターが背後に回って、腰をもって動かしているのを見たことがありますが、

簡単に自分でやるには、両足を合わせるぐらいスタンスを狭くしてスイングします、アプローチのスイングで誰でもよくやっています。

ダウンスイングで左腰が後ろ(背中の方向)に動いている。

“切る”というのは、鋭く、小さく後ろに引くような動きで、単に“回す”といわずに“切る”というのは、速い動きをイメージしているのだろう。

腰の切れ味のいい動きということである

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ゴルフの裏ワザ】絶対にアーリーリリースをしないために

  ゴルフ場には、いろんなアンジュレーションがあります ダフリやトップの原因は、スイング自体の問題もありますが、アンジュレーションに上手く対応できていない面もあります 中級者や上級者でも、ア …

ドライバーをゆっくり上げるのは、もうそろそろやめたほうがいい

少しゴルフがわかってくると、ボールを飛ばすのは腕力ではなくシャフトのしなりだということを理解するようになります。 軽く振ったのに飛んでいるとか、腕に力が入りすぎてスイングスピードが落ちたとかを感じるよ …

手打ち防止の練習法と技

      下半身を軸にして、コマのようにターンして打ちたいが、 体のターンと腕が同調していないのが、手打ちです。 なおす方法は簡単ですが、一筋縄ではいきません &nbs …

スクウェアなインパクトを迎えるには

      プロ達のインパクトを見ると、スクエアか、若干のハンドファーストでインパクトしています。     インパクトの瞬間は見れないので、スクウェア …

【ゴルフの裏技】シブコが鍛えたパター技

渋野プロのあのパッティングを見ていたら、我々もしっかりとストロークすることを、前以上に心がけないかんと、思いますよね。 打ち過ぎるのは非常に怖いもの。 それを恐れずにしっかりとゆるまず打てる。 あのパ …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス