未分類

腰が切れれば 下半身始動はできる

投稿日:


 

 

 

「手打ちスイング」にならないよう、腰を切るわけですが、速く腰を切れば肩も速く回ります。

 


左腰を切るのは、右腰・右肩を引っ張りたいためです。

腰で右肩の回転を促そうとすれば自然と腰が先に回転します。

多少なりとも力を使うのは、腰を切る瞬間だけです。

 

 

プロゴルファーのスイングを後方から見た時に、インパクト時に後方から左のお尻が見えています。

左のお尻がたくさん見えている選手は多く腰を切っています。

もうやめてしまいましたが、森田理香子選手は腰をよく切っている女子プロの一人でした、もう見られないのが残念です。

 

 

ダウンスイングでは、必ず腰をターゲット方向へ移動させながら腰を切る動作をします、。

腰を切るだけでは、力がゴルフボールへ伝わりません。

ターゲット方向へ移動させながら切ることで始めて持っている力がボールに伝わるようになります。

 

野球でいえば、ドライバーを手にシャフトが地面と垂直になるところまで振り上げ、そのままボールを打つ

この短いバックスイングから本当のパワーを生み出すには腰を爆発させる以外にはありません。

それはターゲット方向へのスウェイではないので間違えてはならない

そうではなく誰かがあなたのベルトバックルをひっつかみ、三塁方向にグイッと引っ張るように感じるべきだ。

イメージとしては、肩はそのままで、腰が左へ移動しながら、回転して左のお尻が後ろにいる人に見えるようになるはずだ。

 

この腰を切る動きにはコツがあります。それは、バックスイングで右のお尻を引き、フォローでは左のお尻を引くイメージです。

その時、前傾姿勢を維持すればやりやすくなります。

腰を切る感じを体感させるために、インストラクターが背後に回って、腰をもって動かしているのを見たことがありますが、

簡単に自分でやるには、両足を合わせるぐらいスタンスを狭くしてスイングします、アプローチのスイングで誰でもよくやっています。

ダウンスイングで左腰が後ろ(背中の方向)に動いている。

“切る”というのは、鋭く、小さく後ろに引くような動きで、単に“回す”といわずに“切る”というのは、速い動きをイメージしているのだろう。

腰の切れ味のいい動きということである

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

クラブをゆっくり振れますか?

  テレビでゴルフ中継を見ていると、300ヤード飛ばすプロ達が,アプローチになるとゆっくりと振っています、まるでスローモーションを見るように。 アプローチではゆっくりしたスイングで、柔らかく …

【ゴルフの裏ワザ】 絶体に体が開かない方法

クラブもそうなんですが、ボールがつかまらず、飛ばないのは「体の開き」も原因の一つです 思い当たるふしとしては、インストラクターから左足1本で立てとよく言われていました、体の回転をよくするためですよね …

80台前半が出せるのは、力がある証

    ドライバーでOBはほとんど出しません、自信があるからドライバーはフェアウェイのどこに落とすかをテイーショットで考えている。   飛距離が必要なホールと、そうではな …

いつもダウンブローを確実に行うにはどうすればいいか

    理想は、ドライバーではアッパブロー、アイアンではダウンブローです   ダウンブローのインパクトへの準備は、腕が腰の高さになった時点で、手元やクラブヘッドは低い位置 …

【ゴルフクラブ】すぐできる!ピンそばに、ピタッと停まるアプローチ

  中上級者ならできる、スピンをかけてピンそばに止めるショットでは まず、自分が得意としている最適クラブを選ぶことです セットクラブのSWならバンスが大きいので難しくなります 一番アマで多く …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス