最近のゴルフの話題

軸回転するのはこれだったんですね

投稿日:


 

 

体重移動を 少なくして、ボールを打つ動作をするのは 極めて不自然と感じる人が数多くいます。

ツアープロのような 理想に近いスイングをする人達の場合、
軸回転を中心において、観察するとわかりやすい。

 

力強いボールを打つには 、体を確り回転させて、腕を振る必要があり、右利きの場合、バックスイングの時に 、骨盤のセンター を中心に、時計回りに 約 45° 。

さらに 上半身を を中心に 45°ほど捻って、 肩はアドレスの状態から 90°くらい回転することになる。

 

そして、ダウンスイングでは、左にスライドしながら回転し 、上半身の捻れがリリースされ、 肩の回転をしながら、 骨盤、肩、腕の順に動いて 、クラブヘッドは一気に加速されるメカニズムが出来上がる。

この時、右足を蹴って その力で腰を力強く回転させる動作は欠かせないし、その為には バックスイング時に骨盤の回転に合わせて右足への体重移動が必要だという考え方になる。

 

そして、バックスイングでは 体重を右足に乗せることが正しいスイングのメカニズムだと言う考え方になるわけです。

右に体重移動するには、体の軸を右に移動させない限り、体重移動は起こらない。

例えば、肩だけを右に、腰だけを右に動かしても、右足体重移動とはならない。

軸を感じるには、胸の高さのものがあれば、例えば下駄箱や手すりなどです。

 

そこにあごを置いて、両手を、特に肩を左右に振ってみます。4時、8時ぐらいでOK。

そうすれば、あごの真下に軸があることを感じます。

ポイントは、しゃがんだ時膝を動かさないようにすることです。

軸は、背骨だとか、胸骨だとか言いますが皆同じです。

 

 

軸を感じてまわすメリットは、体全体が動いていないのに肩だけを回せる、平行状態からアウトサイドに、インサイドにしかも、浅く深く調整ができて、自由に正確に動かせることができます。

 

再現性のあるスイングが出来るということになります。

現在の打法では、クラブが進化してきて、非常にシンプルになってきました。

ドライバーならシャットに上げてシャットに、おろすだけでいい、しかし精度を上げるなら軸を感じてその場で回転すればより正確に目標方向へ打ち出せます。

 

更に軸を感じられたら、意識的に大きな筋肉だけを動かすことができます。

メデシンボールかボストンバッグを、バックスイングで8時にあげ、4時方向へ放り投げてみます、小さなスイングでも大きな筋肉を使い遠心力を感じて放り投げる感覚なんですね

軸を感じることで、ゴルフのスイングが見えてきて、プロのいうことがわかりやすくなるんです。

-最近のゴルフの話題

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ダウンブローのボール位置をターゲット寄りにする理由

    かつて、アニカソレンスタムが59を出した時、ダウンブローについて、こう言っていました。   アベレージゴルファーはティーアップされていないと、ボールを空中に上げよ …

上手い人の考え方と戦略

      他のスポーツは体力のある若い人が圧倒的に有利です。実際にゴルフでもそうですが、シニアが勝ったり、上位に来れるのもゴルフの特徴です。 70歳の人が20歳の人にグ …

今どきのハンデキャップ事情

ハンデキャップをもらう   公式のハンディキャップはJGA会員になって、スコアカード5枚を出せばハンデキャップが貰えます。 ゴルフクラブに所属していれば、クラブによって若干異なるかもしれませ …

80、90、100を切るこんな方法はどうですか?

  パーオンでスコアは決まる 1ラウンドで3回パーオンすれば、スコア100を切ることができます、いつも行っているゴルフ場のホールを思い浮かべてみてください。 得意なショートホールやパーファイ …

そろそろよくあるミスとはお別れをしたい

    よくあるミスは、トップ、ダフリ、スライス、フック、プル、プッシュ、シャンクの7つです。 そのほとんどは、勘違いか見た目の錯覚でおきます、保険をかけておけば、大体防げます。 …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス