未分類

軽く振ってるように見えるのに飛んでるドライバー

投稿日:


 

 

プロゴルファーのスウィングを見て「なんであんなに軽く振っているのに飛ぶんだろう」と感じたことはないでしょうか、。

アーニーエルスやフレッドカプルスは、エフォートレスつまり努力しないで飛ばす人と言われています、岡本綾子などもその部類に入るかもしれません。

 

 

軽く振っているのに300ヤード級のビッグキャリーを生んでいる……ように見えるが、実は「プロも全力で振っているそうです」

そりゃそうでしょー

アマのスウィングは、徹頭徹尾力が入っているのがはた目にもわかります。この差はどこから出てくるのでしょうか。

ポイントは、時間差で、時間差を作れているとスウィングは自然と軽やかに見えるのだそうです。

体も腕もクラブも足も、すべてが一緒に動いていると軽やかにはとても見えない。

クラブの使い方が上手な人は、シャフト軸でクラブを回してフェースを返す動きを、自然に身に着けています。

 

練習でクラブ軸を回転させる方法

まずは、思い切って、フェースを返して打ってみます。

チーピンどころか、フックが出てしまうかもしれません。

今まで時間差を作らずに振っていたので、フェースを返して打つと当然、フックがかかったり、ひっかっけが出るはずです。

 

フェースを返す動きを変えずに、今度は絶対に左に行かないように工夫して打ってみてください。

どうするかというと、一生懸命右方向に打とうとしますよね。

 

この右方向にエネルギーを出していく動きが、実は時間差を作る動きになっています」

この動きは、インテンショナルドローを打つ動きでもあります。

力で振りまわしていた状態から、ヘッドを利かす打ち方ができるようになります。

まずは左に飛んでもいいので、フェースを返すことを意識してスウィング(写真左)。そのクラブの動きを変えずに右方向にボールが飛ぶように打ってみよう

キーワードは「時間差」と「クラブを返す動き」。ここさえ身に付けることができれば、僕らもプロのような軽やかスウィングで飛ばせるようになるかも!?

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

70台で回わる人の流儀

  シングルプレイヤー 70台で回ることはだれとでも恥ずかしくなくプレーできることを意味し、もっと重要なことは誰もがあなたとプレーしたいと思うようになることです。 シングルゴルファーって、あ …

アプローチでどうしても、柔らかくは打てずにパンチが入って、強くヒットしてしまう人に

結論ですが、アプローチで強く入ってしまう理由は、コックをつかうからです。 アプローチでは体重移動をせず、大きなコックを使わずに、腕のストロークだけで打つようにします。 イメージとしては右手で転がす感覚 …

【ゴルフの裏ワザ】アイアンのライン出し上級編

ピンを真っすぐに刺すようなアイアンショット、『ライン出し』ですが、我々が打とうとするとどうしても、マン振り、打ち込みで叩きつけるようなショットになってしまいます、でも、プロの『ライン出し』はちょっと違 …

クラブをゆっくり振れますか?

  テレビでゴルフ中継を見ていると、300ヤード飛ばすプロ達が,アプローチになるとゆっくりと振っています、まるでスローモーションを見るように。 アプローチではゆっくりしたスイングで、柔らかく …

左足上がりのアプローチ 柔らかく高く上げて寄せたい

    アプローチで、ピンまで30ヤード、少し上りになっていて左足上がりという状況です。     ここで、打ちたい球筋としては、少し柔らかくて高い球を打っていく …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス