寄せワンアプローチ

高度な技!アプローチでスピンをかけて止める

投稿日:


 

 

アプローチでは、低い球でランニングで寄せていくのがアベレージゴルファーには安全確実ですが、砲台グリーンで、グリン面の傾斜がきついような場合は、スピンをかけて止めたい。

 

プロのやるような、アプローチでスピンをかける高度な技です

まずは、スピンのかかるボールとウェッジを必ず用意します、ウエッジはSWで、できれば、10度以下のローバウンス、ボールは大事でサーリン系の柔らかいボール。

 

打ち方としては上から入れるけど、ハンドレート気味に構えてフェースを寝かせます。

ちなみに、フェースを開くと右にスッポ抜ける可能性があるので、開かない打ち方の方が簡単。

 

手元を右足側に寄せて、ハンドレートに構えたら、オープンスタンスにしてフェース面を目標に向けて構える。

 

芯から少し外れたトウ寄りのやや上めに当てることで、素早く振ってスピンをかけても出球が強くならず、ゆっくり飛ぶ。

つまり、飛ばないスイングをするということです

打点は、芯より少しトウ寄りの上めです、芯では打っていない。

手元よりヘッドを先行させてヘッドを走らせます、この打ち方をすることで、出球がゆっくりになって、インパクト前後で加速し、強いバックスピンががかる。

ハンドファーストに打つと上から打ち込む形になり、スピンはかかるが、出球が強くなってしまうので、距離感が出ない。

 

手打ちにならないようにするために、アドレス時の右ひじとみぞおちの間隔をキープしならが。体の回転で振る。

ややヒールを出しながら振り抜くことでフェース面が返らずボールの下を素早く振り抜ける。

ポイントは、内股をしぼり、足にオモリがついているイメージで振る

 

よく引き起こすミスは、体全体を左足へかけて構えるので、ヘッドが鋭角に入りすぎてしまいボールが低く出てしまう。

体重はアドレスで左足にかけるが、頭の位置は真ん中にして、ビハインド ザ ボールをします。

コツは手首のコックで上げて、インパクトでほどくこと。

左足下がりのラインを想定するのがわかりやすい、。

 

 

 

 

-寄せワンアプローチ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アプローチ技 ③ 5番アイアンでストレートに狙う

  難しいクラブは使わない   アプローチはウエッジという感覚があって、サンドウエッジやアプローチウエッジを使いたくなると思いますが、   そういうときは決まってショート …

アプローチ技 ① 下りの短いアプローチをスピンをかけて止める

セカンドショットがグリーンを外れてラフにとまった。 パターは使えそうにない、しかも下りのラインでピンまで5ヤード、なんとかボールを止めたい。 セカンドショットを、グリーンの奥に外したような場合よく出く …

ウエッジはソールで変わるんです

  プロ達は、ウエッジをいろいろ削ったりしているそうですアマもお助けクラブ的に利用できるなら、やってみたい気はします。操作性を求めるなら多面ソールですプロが好んで使うウェッジの多くは、ソール …

上手い人はひじでクラブが上がることを知っている

    アプローチで失敗している原因の一つに、腕が邪魔している場合があります。 「腕が邪魔しているって、腕を使わなければ打てないじゃないか」 グリーン周りのラフからの、5ヤードの普 …

アプローチ技 ② 9番アイアンのトウで打つ

アプローチで距離も短いし、グリーン上のラインもストレートで昇り、カップインまでありそうなので、パットで狙いたいのだがラフでパターは使えない。 SW,AWなどを使う場合が多いと思います、しかしバウンドさ …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス