未分類

クラブをゆっくり振れますか?

投稿日:2020年1月18日 更新日:


 

テレビでゴルフ中継を見ていると、300ヤード飛ばすプロ達が,アプローチになるとゆっくりと振っています、まるでスローモーションを見るように。

アプローチではゆっくりしたスイングで、柔らかく打って寄せたい場面が必ずあります。

グリーン面が下っていたり、ピンまで距離があまりない場合などです。

 

① ゆっくり振るのは難しい

② 実際にゆっくり振る練習方法

 

についてみてゆきます

 

ゆっくり振るのは難しい

スイングをゆっくり振るのは意外に難しいものです

全力で速いスピードで振るよりもゆっくり振るほうが難しいはずです、理由はコントロールが難しいからです。

 

インパクトで大切なことは、クラブの芯であるスイートスポットにヒットさせることです。

しかしこのスイートスポットはクラブにもよりますが大きさが1.5センチから2センチととても小さな範囲ですから、ここに的確にヒットさせるのはかなりむずかしいわけです。

 

実際の練習法

上級者のクラブを見ますと、スイートスポットの位置辺りにボール痕がついています、相当練習されているようです。

しかし、練習で普通にボールばかり打っているわけではありません

スイングスピードを落として、スイートスポットにあたる感触を確かめるような練習もしています。

ゆっくり振る練習では
グリップを柔らかく使えたり、腰や下半身がゆっくり動く癖がついたりします。

ゆっくり振れれば、早く振り抜こうとする時よりも力まなくなりますから
柔軟なグリップでスイングができ結果的にヘッドスピードのアップにも繋がります

また、ミート率も上がってきます、

結論から言いますと、ゆっくり振るには下半身をゆっくり動かすことです。

上半身や腕が下半身とうまく同調していれば、ゆっくりした下半身の回転に合わせて、腕の回転もゆっくりになるはずです。

クラブを早く振る人は、飛ばそうとする意識が強い人や、ゆっくり振るよりも早く振った方が、スイートスポットにあたりやすいと思っている人です。

ですから、クラブを長く持っています、そのような場合はクラブを短く握り、体の回転を利かして打ってみます。

脇をしめて、下半身に意識を集中してバックスイングします。

両脇が閉まっていれば、下半身と腕は同調して動きます。

回転がしにくければ、つま先を少し開くと楽に回ります。

そして、インパクトでは体の正面でクラブヘッドが、両腕を追い越していくさまを見ることができるでしょう。

下半身主導で動かせるのは、右腰の押し込みがあるからできるのです、

その右腰の押し込みは右膝の送りがきっかけとなっています。

では右膝の送りはどこから生まれるのかそれは左足親指がしっかり地面をつかんでいるからです。
下半身をゆっくり、腕と同調させて動かせばゆっくり振れます。

-未分類
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

いつもダウンブローを確実に行うにはどうすればいいか

    理想は、ドライバーではアッパブロー、アイアンではダウンブローです   ダウンブローのインパクトへの準備は、腕が腰の高さになった時点で、手元やクラブヘッドは低い位置 …

上級者向け インパクトを長くとることのメリット

    やや高度なテクニックになるが、インパクトゾーンで左手の甲の角度はそのままに、前腕を少し回旋させ、シャフトもちょっとターンさせてロフトを殺すようにフェイスを低く押し出すという …

【ゴルフの裏技】 ターゲットにいいショットを放つには狙い方がある

  アメリカのゴルフアカデミーでは、ターゲットに対して正しく狙いを定めているか否かを最近では AI の力を借りて測定しているそうです。   アライメントとはよく聞く言葉で、どこを狙 …

【ゴルフの裏ワザ】腰が回らないとお嘆きの貴兄に

ゴルフでは、腰をキレだとか、腰を回せなどよく言われますが、腰自体はなかなか思うようには動かないもの 案外と、全身の力を上手く使えるようになるにはお尻の使い方にコツがあります。 「ボディターン」ではなく …

アプローチでどうしても、柔らかくは打てずにパンチが入って、強くヒットしてしまう人に

結論ですが、アプローチで強く入ってしまう理由は、コックをつかうからです。 アプローチでは体重移動をせず、大きなコックを使わずに、腕のストロークだけで打つようにします。 イメージとしては右手で転がす感覚 …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス