未分類

シングル達に速く上達するコツを聞いてみた

投稿日:2020年1月28日 更新日:


速く上達するコツを聞いてみた

会社に勤めながらシングルゴルファーになった人たちに、上達したコツを聞いてみました。

毎週練習に行ったり、毎日のクラブのすぶりやパターマットでの練習は、ほとんどの人がやっていましたし、今でもやっていると答えています。

 

ちなみに山田パターで有名な山田透さんは、ボールを打たずに毎日4時間の素振りでシングルになったそうです。

毎日4時間が半端じゃないですね、ゴルフ関連の仕事をしているとはいえ、毎日は自信がないです。

 

まぁ、それぐらい熱心にゴルフの上達に取り組んでいるということです。

ジムでのトレーニングや毎週ラウンドプレーなどは時間もないし、費用も大変なので皆無、

それでは長い努力の結果もそうだが、効率的に上達したコツは何か。

考え方や戦略が必要だと言います

いかに安全にハザードを避けて、方向性のいいショットを打ち続けられるか、

ここが重要なのですが、打つのではなく打ち続けられるかがポイントです。

ほとんどのシングルはアイアンで、マンぶりしていません、コンパクトなスリークオーターショットで狙っていきます

シングルゴルファーは、自分のもちだまをはっきりと持ってプレーしています。

正直、持玉を意識している人はアベレージゴルファーではなかなかいませんよね

ここが結構な差になっています、うまい人イコール、ドローではありません

むしろスライス系の人はフェードをモノにすべきです、有名なプロはみんな使っている、玉筋ですから、練習する価値がじゅうぶんあります

そしてフェードはチーピンやひっかけとは縁がありませんから安全で、有利な球筋といえます

 

アベレージゴルファーはストレートボールを打つことを練習の中心に置いていますが、

球筋が固まっていないので、その日によってフックになったりスライスだったりと、日替わりで球筋が変わってしまいます。

だから自信を持ってプレーすることができないのです、左にオービーゾーンがある時に、左を向いて打つのは怖いですが、右にスライスするのがわかっていますからかえって安全なんです。

 

そして、フェアウエーのセンターに打たなくても、左目に打てますからフェアウエーを広く使えるメリットもあります。

 

打ち方や自分に合ったスイングから出やすい球筋がありますので、スイングを固めるのではなく、球筋を固めるほうがいいわけです。

技術論もたしかに大切ですが、自分より1ランクうえの仲間たちと練習したり、一緒にプレーする機会があれば、見て教えてもらって急激に伸びますよね

練習を積み重ねてシングルになった人たちですからキーが分かります

クラブでの研修会や試合でも学べますが、ポイントを得た一言が上達のきっかけになります

-未分類
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

プロのスイングでは、 バックスイングの軌道とダウンスイングの軌道が異なるのはなぜか

    ガルシアのスイングを、分解写真で見るとバックスイングで上げた軌道とダウンスイングで降りてくる軌道は、異なります。   スイングプレーンを見ると、ダウンスイングの方 …

【ゴルフの裏技】シブコが鍛えたパター技

渋野プロのあのパッティングを見ていたら、我々もしっかりとストロークすることを、前以上に心がけないかんと、思いますよね。 打ち過ぎるのは非常に怖いもの。 それを恐れずにしっかりとゆるまず打てる。 あのパ …

【ゴルフの裏ワザ】 絶体に体が開かない方法

クラブもそうなんですが、ボールがつかまらず、飛ばないのは「体の開き」も原因の一つです 思い当たるふしとしては、インストラクターから左足1本で立てとよく言われていました、体の回転をよくするためですよね …

【ゴルフの裏技】右サイドが活躍する時

  右サイドで火を吹け 一般にはスライス防止のためか、左サイド主導で打てと言われますが 方向性のためにも飛距離のためにも右サイドで、ドカーンと攻撃することの重要性を痛感させられます。 &nb …

【ゴルフの裏ワザ】カップを絶対に見に行かない方法

      パターのストロークを安定させるには上半身が動き過ぎないこと ですよね 他の人から、体が動いているよとか、カップを見に行ってますよとか言われたことはありませんか …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス