ミス、トラブルの解決法

ハンデ10と20どこが違う?

投稿日:


 

 

 

 

 

ハンデ10と20どこが違う、ゴルフクラブではAクラスとBクラスの違いみたいなものです。

これは米国のスコア記録分析サイトに寄せられた、ハンデ別の最近の20ラウンドのベストテンが集計され平均値が出されています。

これを見ながら、ハンデ10と20の差は、どこで費やされているのか調べてみました。

 

パット数の差は、たった2ストロークですからこれは大問題ではなさそうです。

すぐ目につくのはハンデ20の人がバンカーショットで倍近くも失敗していることです

 

 

練習用バンカーというものは、そう目にかかれるものではないので、なかなか練習する機会に恵まれません、もう一つはゴルファー自身がドライバーはよく練習しますが、バンカーやパターはあまりやりたがらない事情もあります。

 

 

チップショットやピッチショットで乘らないという失敗も倍に近い

課題は多分これですね、乗らない失敗が10%も、多く乗ったとしても寄せワンにつながっていない。

 

 

ただ乗せるだけでなく1パッド圏内に寄せる練習が必要です。

これに成功すれば自動的にパット数も減るわけで、スコアが80代半ばまで改善されるのは瞬く間でしょう。

ハンデ10の人の寄せワンは、たまに30cmタップインがあります、またOBは忘れた頃にあります。

-ミス、トラブルの解決法

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

傾斜地ではバケツで水を撒く

      傾斜地での対処法は、分かっているつもりなのだが、ほとんどうまく打てていません。 昇りなら、あたりが薄かったり、下りならトップ気味に入って正確な距離が出ないので …

【ゴルフの裏ワザ】シャンクの謎

    解き明かされたシャンクの謎 ガードナーディッキンソンは,元PGAツアープロでツアーその他で11勝を挙げたプロです。 ゴルファーでいっぱいの部屋を空っぽにしたければ一言、シャ …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス