未分類

80台前半が出せるのは、力がある証

投稿日:


 

 

ドライバーでOBはほとんど出しません、自信があるからドライバーはフェアウェイのどこに落とすかをテイーショットで考えている。

 

飛距離が必要なホールと、そうではないホールを分けてテイーショットしている。

そうです、優先すべきは飛距離ではなく、狙ったところへ飛ばせてフェアウエーをキープすることなんです。

 

PGAインストラクターの、ショートゲームの提案です。

あなたはタイガーウッズ、ブラッド ファクソンなど、好きなパット名人を選んで結構です、私はパブリックの練習グリーンでウロウロしている1人を選ぶ。

対戦方法だが私の選んだ男は1.2m からパッドし、あなたの選手は3メートルからパッとする。

 

断言するがこの場合パット名人より、素人の方がより多くパットを成功させるのは間違いない。

この例で言えることは、ウェッジやショートアイアンでピンそばにつけることがいかに重要であるかということだ。

1、2メートルにつけられればパットの技量は問題ではないのである。

 

寄せのほとんどを、2パット圏内につけられる人は90代前半か80代後半で回れるだろう。

 

3回に1回の割合でパットが成功する距離に、ウェッジショットをつけられる人は80代半ばか80代前半で回れる人だ。

よせわんのトライを5割達成できる人は、70台で回れるシングルの力があると言える。

 

80代前半を出せる人は、本当に実力がある、練習場でドライバーはそこそこにして、75%をアプローチとパットにすべきです。

そして、アプローチのSWをPWか9番、それ以外の好きなクラブに持ち替え、バンカーではボールを常にグリーンのどこでもいいから必ず乗せられるようにしておくことです。

 

パットが下手だから、スコアが伸びないというのはほとんど当たらない。

5下か、スクラッチプレーャ―を目指す人は、パットの出来が大きく影響する。

ルーリッキオの法則によると、95から(パーオンのホール数の2倍)を差し引いた数がスコアに等しいのです。

パット数がスコアを左右するのは間違いない。
しかし、パットよりもパーオン率がスコアを良くする最も重要な要素である。

スコアが83なら、ハーフで3ホール、1ラウンドで6ホールパーオンすれば

叩き出せるスコアなんです。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ゴルフの裏ワザ】プロが使っているゴルフボールを安く買う方法

  プロ仕様のクラブを使いこなすのが難しいが、ボールなら使いこなせる…かも クラブ同様、ボールも進化していて、大型ドライバー向けや低スピンタイプなど 使ってわかるほど違いがあります。 ゴルフ …

シングル達に速く上達するコツを聞いてみた

速く上達するコツを聞いてみた 会社に勤めながらシングルゴルファーになった人たちに、上達したコツを聞いてみました。 毎週練習に行ったり、毎日のクラブのすぶりやパターマットでの練習は、ほとんどの人がやって …

ゴルフボール 20〇〇年モデルや並行輸入品どれがコスパがいいのか?

ゴルフボールをインターネットで探していると、USモデルだったり、並行輸入品だったりしますが、通常に販売されているボールよりも安いんです。     日本正規品と並行輸入品(USモデル …

【ゴルフの裏ワザ】ヘッドスピードを上げる最強の方法

      レッスンで、クラブを早く振るために、インストラクター がいつも言うことは 肩を回せ 腰を回せ、腰を切れ 腕を早く振れ 真下に落とせ、右足前でインパクトせよ こ …

【ゴルフの裏ワザ】絶対にアーリーリリースをしないために

  ゴルフ場には、いろんなアンジュレーションがあります ダフリやトップの原因は、スイング自体の問題もありますが、アンジュレーションに上手く対応できていない面もあります 中級者や上級者でも、ア …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス