「 月別アーカイブ:2020年03月 」 一覧

軽く振ってるように見えるのに飛んでるドライバー

2020/03/31   -未分類

    プロゴルファーのスウィングを見て「なんであんなに軽く振っているのに飛ぶんだろう」と感じたことはないでしょうか、。 アーニーエルスやフレッドカプルスは、エフォートレスつまり努 …

ハンディキャップ10と20 どこが違うのか?

    ハンディキャップ20の人は、伸びしろを一番多く持っている人です、大半の練習をウエッジとショートアイアンにしたらすぐハンディキャップ10が実現します。 ハンディキャップ12か …

締めるのはヒジではありません脇です

    スポーツの中で、脇を空けていいという動きは存在しないでしょう。 ランニングしかり、相撲やボクシング。ボールゲームでいえばサッカー、野球、そしてゴルフも例外ではありません。 …

リストコックは上達へのもう一つの鍵

    コックした手首が、正しいタイミングでアンコック 、そして リストターンしリリースされて始めて 効率の良い動きをみせます。 しかし、手首のコックとかリストターンといった動きは …

ダウンブローのボール位置をターゲット寄りにする理由

    かつて、アニカソレンスタムが59を出した時、ダウンブローについて、こう言っていました。   アベレージゴルファーはティーアップされていないと、ボールを空中に上げよ …

アドレスで体重はどこにかけるか?

    アドレスで、体重はどこにかけるのが自分に一番合っているのか、疑問に思っている人も多いと思います。 下半身を安定させるためには、足の中央、土踏まずという人もいれば、飛ばすには …

FWはそれなりの打ち方がある

  フェアウェイウッドは払い打つものと思っていませんか ドライバーの延長線で、払い打とうとするとボールを左足寄りにセットして、低い位置からヘッドを入れようとします よね。 実はこれがミスにな …

バンスを滑らせるにはコツがあった

    ウエッジでアプローチをするとき、芝の上にボールが載っていて、少し浮いている状態なら安心して打てますが、刈り込まれて極端に短い芝やベアグラウンドに近い、ライの悪いときなどは慎 …

ミドルアイアンはザックリしないのに、SWでざっくりするのはなぜ

      三つの理由があります、ダウンブロー、フェースローテーションとクラブ選びですヘッドの重みを感じながらゆっくり振れとはよく聞くことですが、アプローチでプロのマネを …

そろそろよくあるミスとはお別れをしたい

    よくあるミスは、トップ、ダフリ、スライス、フック、プル、プッシュ、シャンクの7つです。 そのほとんどは、勘違いか見た目の錯覚でおきます、保険をかけておけば、大体防げます。 …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス