ショットメーカーの技

FWはそれなりの打ち方がある

投稿日:


 

フェアウェイウッドは払い打つものと思っていませんか

ドライバーの延長線で、払い打とうとするとボールを左足寄りにセットして、低い位置からヘッドを入れようとします
よね。

実はこれがミスになる原因なんです、アイアンのようにダウンブローかレベルブローのイメージで打ってみてください。

 

 

打ち込むためのポイントは2つ

ポールの位置をドライバーの時より右側にセットすることとダウンスイングでグリップエンドをボールに向けて降ろすことです。

上から打ち込むと球は上がり、飛距離も大幅にアップします

ボールの位置を耳にするとダウンブローに打てます。

理由は分かりませんが、フェアウエーウッドは払い打つものという考えかたが、多いのも事実で、

ボールを最下点より右においてもだふりますなぜでしょう
というこの種の質問は非常に多いそうです。

そこで、アドレスでどこを見て打っていますかと聞いてみますと、ほとんどの方はポールの後ろをみていると答えます。

ダフリたくなくて、ボールを右に寄せたのにボールの後ろを見ていては、ダフル確率は減りません。

そもそもボールを右に寄せていたらボールの後ろは見にくいはずです。

最下点の位置か、むしろボールの前を見ていなければいけません

FWはシャフトが比較的長くて、ヘッドがドライバーより重いんです。

アイアンよりもさらに重心が後ろ側にありますから、フェイスは上方向に向きやすい。

 


そんなフェアウェイウッドで、払い打って玉を上げようとすることで、ダフリやトップが出やすくなってしまいます

横に振るより、上から振り下ろす感覚で振ってください。

ダウンブローで打ち込むことでポールにスピンがかかって上がりやすくなります。

-ショットメーカーの技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ゴルフの裏ワザ】パーオンがスコアを決める

          ゴルフファーはパーオンを目指してプレーしています。 パーオン数でスコアがほぼ決まるから、パーオンを目指せば、 戦略も立てられるとい …

早くからフィンガーストロングにしておけばよかった、 レイトヒットはこれだ

レイトヒット   上手い人ほど、手首が動いていないように見える ボールを強く正確に打とうと思うなら、可能な限り長く手首のコックをキープしなければならない。 あなたの目指すものはレイトヒットで …

ヒッカケはバックスイングが原因でした

      プレーの後半、疲れてきてバックスイングがまともに上がらなくなったり、年齢とともにトップの手の位置が下がってくると言われていますから、インサイドに引きすぎたりし …

懐を広くしてクラブの通り道を確保する

70台のスコアが年2、3回くらい出るような、Aクラスの人でも、「アウトサイドインのスイングで飛距離が伸びないことを自覚しているし、もっと掴まったボールでショットを安定させたいと思っているものです。 ま …

【ゴルフの裏ワザ】タメがキッチリ出来たらもっと飛ぶ

          ダウンスイング時は、しっかりとインパクトするためにクラブヘッドに意識が行きがちですが、グリップエンドの向き次第で、ヘッドの入射角度 …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス