ショットメーカーの技

FWはそれなりの打ち方がある

投稿日:


 

フェアウェイウッドは払い打つものと思っていませんか

ドライバーの延長線で、払い打とうとするとボールを左足寄りにセットして、低い位置からヘッドを入れようとします
よね。

実はこれがミスになる原因なんです、アイアンのようにダウンブローかレベルブローのイメージで打ってみてください。

 

 

打ち込むためのポイントは2つ

ポールの位置をドライバーの時より右側にセットすることとダウンスイングでグリップエンドをボールに向けて降ろすことです。

上から打ち込むと球は上がり、飛距離も大幅にアップします

ボールの位置を耳にするとダウンブローに打てます。

理由は分かりませんが、フェアウエーウッドは払い打つものという考えかたが、多いのも事実で、

ボールを最下点より右においてもだふりますなぜでしょう
というこの種の質問は非常に多いそうです。

そこで、アドレスでどこを見て打っていますかと聞いてみますと、ほとんどの方はポールの後ろをみていると答えます。

ダフリたくなくて、ボールを右に寄せたのにボールの後ろを見ていては、ダフル確率は減りません。

そもそもボールを右に寄せていたらボールの後ろは見にくいはずです。

最下点の位置か、むしろボールの前を見ていなければいけません

FWはシャフトが比較的長くて、ヘッドがドライバーより重いんです。

アイアンよりもさらに重心が後ろ側にありますから、フェイスは上方向に向きやすい。

 


そんなフェアウェイウッドで、払い打って玉を上げようとすることで、ダフリやトップが出やすくなってしまいます

横に振るより、上から振り下ろす感覚で振ってください。

ダウンブローで打ち込むことでポールにスピンがかかって上がりやすくなります。

-ショットメーカーの技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

絶体にタメがほどけないようにします

手が通るスペースがなくなって、手が上に浮いてタメが消えてしまうシーンよく見かけます。 手が浮くというのは、手だけがおなかのあたりまで上がって来て、手だけで打っています。   そして腕が伸びて …

【ゴルフの裏技】絶対に手打ちをしない方法が見つかった ②

手打ちには絶対になら ない方法 米国のインストラクター ジミィ・バラードの、大きな筋肉を使うことによって、手打ちには絶対になら ない方法のトレーニングとチエック法です。   【左上腕が身体に …

【ゴルフの裏ワザ】体の軸を中心にコマのように鋭く回転する

      体の軸を中心にコンパクトに、その場でコマのように回れば安定したショットが打てるはずです捉えるポイントも自分に近いところでヒットするので、頭が残ってよくボールが …

アドレスではどこに力が入っていますか?

    コンペの朝、1番ホールのスタートです、皆さん、力が入り過ぎだなあ…」と思いませんか? 大切な「力の入れどころ」が間違っているようです。 あなたはアドレスで、どこに力を入れて …

【ゴルフの裏ワザ】アイアンのライン出し上級編

ピンを真っすぐに刺すようなアイアンショット、『ライン出し』ですが、我々が打とうとするとどうしても、マン振り、打ち込みで叩きつけるようなショットになってしまいます、でも、プロの『ライン出し』はちょっと違 …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス