コックを増やせば、ヘッドスピードも上がる

    ボールを、さらに強く正確に打とうと思うなら、可能な限り長く手首のコックをキープしなければならない。 ヘッドスピードを上げるには、レイトヒットとミート率を上げなければならない …

80台前半が出せるのは、力がある証

2020/05/25   -未分類

    ドライバーでOBはほとんど出しません、自信があるからドライバーはフェアウェイのどこに落とすかをテイーショットで考えている。   飛距離が必要なホールと、そうではな …

スクウェアなインパクトを迎えるには

2020/05/23   -未分類

      プロ達のインパクトを見ると、スクエアか、若干のハンドファーストでインパクトしています。     インパクトの瞬間は見れないので、スクウェア …

ワンパットの確度を上げたいなら、アプローチはSWよりもPWを選ぶ

2020/05/21   -未分類

    ゴルフはクラブで変わることを十分経験してきたはずだ。 その証拠に、ドライバーは何度も変えてきている。     ウエッジについても同様です、プロが寄せをS …

上級者向け インパクトを長くとることのメリット

2020/05/20   -未分類

    やや高度なテクニックになるが、インパクトゾーンで左手の甲の角度はそのままに、前腕を少し回旋させ、シャフトもちょっとターンさせてロフトを殺すようにフェイスを低く押し出すという …

シャフトのしなりが感じられない

2020/05/19   -未分類

      ショートアイアンはそうでもないのに、ドライバーになると腕に力が入って上半身で打っているのがよくわかる。 ゴルフの翌日、決まって痛むのが背中から上半身です。 下 …

腰が切れれば 下半身始動はできる

2020/05/17   -未分類

      「手打ちスイング」にならないよう、腰を切るわけですが、速く腰を切れば肩も速く回ります。   左腰を切るのは、右腰・右肩を引っ張りたいためです。 腰で …

左足上がりのアプローチ 柔らかく高く上げて寄せたい

2020/05/15   -未分類

    アプローチで、ピンまで30ヤード、少し上りになっていて左足上がりという状況です。     ここで、打ちたい球筋としては、少し柔らかくて高い球を打っていく …

この場面では絶対に使いたいライン出し

2020/05/14   -未分類

      ピンまでの距離が短く、ショット地点のライも良いとなれば、誰もがピンに近づけたいと思うシチュエーションです。 ここで左へのヒッカケなんかが出ると、ガッカリです。 …

いつもダウンブローを確実に行うにはどうすればいいか

2020/05/13   -未分類

    理想は、ドライバーではアッパブロー、アイアンではダウンブローです   ダウンブローのインパクトへの準備は、腕が腰の高さになった時点で、手元やクラブヘッドは低い位置 …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス